猫に人の鎮痛薬は危険!アセトアミノフェン中毒の怖さとは?!獣医師が解説!

アセトアミノフェンとは非ステロイド系抗炎症薬(Non-steroid antinflammatory drug:NSAIDS)の1種で、一般大衆薬の解熱鎮痛薬の70%以上の製品に含まれている物質です。

多くの鎮痛薬、解熱薬、抗炎症薬はこの種類の薬に属します。

しかし、犬、猫では安全域が狭く、小動物領域では処方されることはなく、誤食による中毒がほとんどです。

誤食以外にも、医療従事者や、鎮痛剤としてよく飲んでいる飼い主は、同じ感覚で愛猫が痛がっているときに飲ませてしまうこともあります。

愛猫が、飼い主のアセトアミノフェンを食べてしまった。

また病院がやっていない時に、愛犬がどこかを痛がり出して、何か痛み止めを飲ませたい方もいるのではないでしょうか?

ヒトでは消化器に対する副作用が少ないですが、動物で同じように副作用が少ないという報告はないです。

当記事では、猫が人の鎮痛剤を口にしてしまった時に起こる症状、病態、対処法に至るまでをまとめました。

限りなく網羅的にまとめましたので、アセトアミノフェンを与えようと思っている飼い主、愛猫が飲んでしまった飼い主は是非ご覧ください。

○ペットに害を及ぼした危険なお薬トップ10
ASPCAが2007年にペットが間違って処方薬や一般用医薬品を飲んでしまった89000事例を調査した結果です。数が多い順ですが、

消炎鎮痛剤
抗うつ剤
アセトアミノフェン(解熱・鎮痛薬)
メチルフェニデート(AHDHの治療薬)
フルオロウラシル(抗がん剤)
イソニアジド(結核治療薬)
エフェドリン(咳止め)
経口糖尿病薬
ビタミンD(骨粗鬆症薬)
バクロフェン(筋弛緩薬)

ASPCAのホームページ
http://www.aspca.org/pet-care/poison-control/animal-poison-control-faq.aspx#FD6

ペットに害を及ぼした危険なお薬トップ10
http://www.aspca.org/pet-care/poison-control/top-10-human-medications-that-poison-our-pets.aspx

動物に対する中毒物質
http://nihon.matsu.net/nf_folder/nf_mametisiki/nf_dog/nf_dog_chuudoku.html

✔︎本記事の信憑性
この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、
論文発表や学会での表彰経験もあります。

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】

✔︎本記事の内容

猫に人の鎮痛薬は危険!アセトアミノフェン中毒の怖さとは?!

猫がアセトアミノフェンを食べてしまった時に起こる病態

猫がアセトアミノフェンを食べてしまった時に起こる病態

アセトアミノフェンは一般用医薬品として薬局で買えますし、人間が風邪をひいた場合に病院でもよく処方されるお薬です。

ネコはグルクロン酸抱合という薬の解毒能力が低いため、ネコがアセトアミノフェンを飲むと最悪死ぬことがあり、犬よりも危険です。

アセトアミノフェンは肝臓で代謝され、この時肝臓内にあるグルタチオンを消費して無毒化されます。

しかし十分なグルタチオン方法を行うことができず毒性を示す場合、赤血球及び肝細胞を酸化し、メトヘモグロビン、ハインツ小体の形成及び肝障害を引き起こします。

猫がアセトアミノフェンを食べてしまった時の中毒の症状

猫がアセトアミノフェンを食べてしまった時の中毒の症状

過剰な流涎、顔と四肢の浮腫、沈鬱、頻脈、呼吸促迫、チアノーゼ、黄疸、血尿などが認められる

血液検査では貧血、肝数値の上昇、ハインツ小体が認められます。

メトヘモグロビン血漿と診断するには、正常動物の血液と比較して血液が褐色に見られることが多いです。

猫がアセトアミノフェン中毒を起こした時の治療

猫がアセトアミノフェン中毒を起こした時の治療

猫における急性症状は、メトヘモグロビンの形成に関連します。

摂取後から4時間以内であるならば催吐処置、胃洗浄、吸着剤の投与を行い原因物質を除去します。

しかし摂取後、長時間が経過している場合はこれらの処置の効果は乏しくなります。

摂取してから長時間経過している場合はメトヘモグロビンの除去に重きを置きます。

チアノーゼや著しい貧血が引き起こされている場合には、まず酸素吸入を行いながら全血輸血を行います。

また他の多くの中毒に対する治療と同様に、嘔吐による脱水、電解質の補正、利尿の促進を目的とした静脈内輸液を行います。

猫がアセトアミノフェン中毒を起こす中毒量

猫がアセトアミノフェン中毒を起こす中毒量

アセトアミノフェンの中毒量は猫で150-300mg/kgの1回投与との報告があります。

また、3.5kgの猫に325mg含有の錠剤の1/2錠といった、少量を投与したときでさえ症状が認められます。

市販されている解熱鎮痛薬には1錠300mg以上のアセトアミノフェンが含有されているものもありますので注意が必要です。

猫がアセトアミノフェンを食べた時の対処

対処法は3つに大別されます。

動物病院では、まず胃の内容物を吐かせて外に出し、その後、胃の洗浄をして、活性炭や下剤を投与するといった治療がおこなわれます。

中毒の症状や原因となるものを、体外に排出することが最優先されます。

  1. そのまま様子を見る(勝手に吐く、あるいは、便で出るのを待つ or 毒物なら点滴して希釈する)
  2. 吐かせる
  3. 点滴などの対症療法

摂取後2時-4時間以内であれば、催吐薬の投与を行い吸着剤の投与を併用します。

催吐の効果が認められられない場合には、胃洗浄を行うこともあります。

通常1時間以内であれば胃の中にまだありますので、吐かせることができますが、3時間となるとはかせることは難しいため、症状が出た場合は点滴となります。

しかし、お近くに病院がない場合、また3時間以上経過すると胃袋になく、吐かせることができませんので、中毒が出ないように祈る以外、ご自宅でできる事はありません。

これは3時間経過していれば、病院でも同じです。

しかし摂取後時間が経過している場合は催吐薬の投与、洗浄は行わずに吸着剤の投与を行います。

時間が経過している場合は催吐、並びに胃洗浄は体への負担が生じるだけで効果が認められません。

多くの中毒と同様に嘔吐による脱水、電解質の補正のための輸液などの対処量を行います。

点滴治療で、症状を緩和することが目的となります。

猫がアセトアミノフェンを食べてしまった時の応急処置と対処法

猫がアセトアミノフェンを食べてしまった時の応急処置と対処法

原則は病院の受診です。

病院で安全な催吐処置をしていただくことが最善です。

しかし、周りに病院がない場合、離島などで病院受診が困難な場合は自宅で吐かせるしかありません。

自宅でできる催吐処置は元々非常に危険で、それが原因で命を落とすこともあります。

ホウ酸を飲んでしまった場合のみ、この処置に賭ける事になります。

致死量食べてしまった場合は、何もしないと亡くなりますので、その場合のみホウ酸で命を落とすか、自宅で吐かせる危険な処置をするか選ぶ必要があります。

  1. 炭酸ナトリウム 猫:0.5g/頭  口腔内投与
  2. 3%過酸化水素(オキシドール) 1-2ml/kg

上記はあくまでも参考です。

決して気軽に自己判断で行わないでください。

猫がアセトアミノフェン中毒を起こした時の予後

迅速にアセトアミノフェンの除去を行うことができれば良好です。

重度の貧血、肝障害が認められる場合の予防は要注意から不良です。

猫のアセトアミノフェン中毒の予防

飼い主、特に人医療関係者の中には、犬や猫を動物病院に連れていかず、不十分な知識で治療を試みる方もいます。

そのため十分な注意喚起が重要になります。

また、飼い主には誤食を防止するため、動物の手の届かない範囲に薬を保管するなどの工夫をしてもらう必要があります。

猫が中毒を起こした時に、準備しておく必要な物

以下の常備薬を持っておくと、安心です。

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、いつも犬と猫に癒されています。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。
現役獣医師が海外で勉強しながら得た、犬と猫の病気に対する知識とスキルを発信していきます。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー
PAGE TOP