獣医師解説!猫の結石におすすめのフード:ユリナリーとpHコントロールの違い

動物病院で、自分の犬が結石症と診断された...

愛猫が犬が結石症と診断され食事管理が必要と言われたけど、

  • 病院ではよくわからなかった...
  • 病院では質問しづらかった...
  • 混乱してうまく理解できなかった...
  • もっと詳しく知りたい!
  • 家ではどういったことに気をつけたらいいの?
  • pHコントロールの種類はどれがいいの?
  • ユリナリー とpHコントロールの違いは?

という事でこの記事に辿りついたのではないでしょうか?

ネット上にも様々な情報が溢れていますが、そのほとんどが科学的根拠やエビデンス、論文の裏付けが乏しかったり、情報が古かったりします。

中には無駄に不安を煽るような内容も多く含まれます。

ネット記事の内容を鵜呑みにするのではなく、

情報のソースや科学的根拠はあるか?記事を書いている人は信用できるか?など、

その情報が正しいかどうか、信用するに値するかどうか判断することが大切です。

例えば...

  • 人に移るの?
  • 治る病気なの?
  • 危ない状態なのか?
  • 治療してしっかり治る?

これを読んでいるあなたもこんな悩みを持っているのでは?

結論から言うと、動物病院に置いてあるフードが一番良いです。つまりロイヤルカナンやヒルズです。

pHコントロールには“1”と“2”の他、“0”、“オルファクトリー”、“ライト”と様々な商品があり、ほとんどがユリナリー に変更され、pHコントロールは廃番になっています。

残っているのは、pHコントロール1、pHコントロール2、pHコントロール2 フィッシュテイスト、ベッツプラン pHケア フィッシュしかありません。

  • pHコントロール 0                             →ユリナリー S/O
  • pHコントロール 1 フィッシュテイスト →ユリナリー S/O オルファクトリー
  • pHコントロール オルファクトリー         →ユリナリー S/O オルファクトリーライト
  • pHコントロール ライト                       →ユリナリー S/O ライト

この記事では、猫の結石用のペットフードの選び方についてその理由をアカデミックな面からまとめました。

この記事を読めば、猫の結石症対策について、ご自宅で気をつけることがわかります。

限りなく網羅的にまとめましたので、猫の結石用のフードに迷われている飼い主、結石と診断され食事療法を始める飼い主は是非ご覧ください。

✔︎本記事の信憑性

この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、
論文発表や学会での表彰経験もあります。

今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭と生活をしています。

臨床獣医師、研究者、犬の飼い主という3つの観点から科学的根拠に基づく正しい情報を発信中!

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】

✔︎本記事の内容

この記事の目次

猫の結石におすすめのフード(ロイヤルカナン)

猫の結石の治療

尿結石は予防が大切です!環境とフードを見直してみましょう!

特別に尿結石を考慮した食事だけを与える

  • !おやつには十分注意
  • !市販のフードでは限界がある
  • !太らせないように注意する
  • !食事を与えすぎない
  • !太りにくい食事を与える
  • !ストレスを解消

尿を我慢させない

  • !トイレを清潔にする
  • !外でしかしない子はお散歩を出来るだけこまめに

以前まで出ていたpHコントロールのラインナップ

以前まで出ていたpHコントロールのラインナップ

数種類あるロイヤルカナンpHコントロールのラインナップのドライタイプの製品は以下の5種類です。

製品名 容量
pHコントロール1 チキン/フィッシュ 500g/2kg/4kg
pHコントロール2 チキン/フィッシュ 500g/2kg/4kg
pHコントロール0 チキン 500g/2kg
pHコントロール オルファクトリー フィッシュ 500g/2kg/4kg
pHコントロールライト チキン 500g/2kg/4kg

pHコントロールには“1”と“2”の他、“0”、“オルファクトリー”、“ライト”と様々な商品があり、選択肢が広がる一方で少々ややこしいです。

しかしながら、大切な猫ちゃんにとって最適な選択をすることが何よりも大切ですから、味や結石に対する効果の違いなど各製品の特徴を確実に理解しておきましょう。

pHコントロール1

pHコントロール1

定番中の定番とも言えるpHコントロール1ですが、膀胱内の尿pHを弱酸性(5.8~6.2)にすることでストルバイト結石を溶解させ、再結晶化を予防します。

元来はストルバイト結石への効果をメインにしていたためにシュウ酸カルシウム結石対策との兼ね合いに注意が必要(尿pHを下げ過ぎるとシュウ酸カルシウム結晶ができやすくなるため)でしたが、商品改良が進んだ現在では両結石に対する配慮がなされており、その心配はなくなりました。

pHコントロール2

pHコントロール2は、もとはpHコントロール1と対照的にシュウ酸カルシウムの結晶化を予防する目的でつくられたフードですが、

pHコントロール1同様に商品改良が進み、現在ではストルバイト結石の溶解と予防を期待することも出来ます。

“シュウ酸カルシウム結晶の生成を防ぐことを第一目標としながらもストルバイト結石に対する配慮を欠かさない”と言ったところでしょうか。

pHコントロール1と同じくチキンとフィッシュの2種類の味が用意されていることも嬉しいところですね。

pHコントロール0

pHコントロール0

pHコントロール0はロイヤルカナンのpHコントロールシリーズの中でもストルバイト結石の溶解・予防効果が最も高く、ストルバイト結石が出来てしまった場合の第一選択として投与すべきフードと言えます。

ストルバイト結石の溶解を目指す場合にロイヤルカナンの療法食の中ではこのpHコントロール0が最優先で処方されるのが一般的で、猫がストルバイト結石症に罹った時もまずはこれを食べさせ、投与開始から1週間後には結晶が消えます。

意外と知られていませんが、シュウ酸カルシウム結石の生成を予防する効果もシリーズの中で最も高く、ストルバイト結石溶解後の予防食として継続的に投与しても全く問題ありません。

pHコントロール オルファクトリー

こちらはpHコントロールのシリーズの中で最も新しく、“従来の製品を好まない猫でも食い付く療法食”を目指して開発された製品です。

フレーバーのみならず原材料そのものに魚肉を使用する贅沢な製品ですが、猫の食欲を刺激するため香りにもこだわっているだけあり、“圧倒的に食い付きが良い”と言う評判も多いです。

カロリー密度が低く設定されているので肥満気味の猫にとっても嬉しいフードと言えます。

pHコントロール ライト

pHコントロールライトは他のシリーズと同じくストルバイト結石の溶解と予防、シュウ酸カルシウム結石の生成を防止する効果を持ちますが、カロリーを低く抑えることで肥満気味の猫に対しても安心して投与できることが最大の特徴です。

脂肪分を抑えてある分タンパク質の含有量が多く、これに食欲をそそられる猫ちゃんも少なくない一方、味がチキン1つしかない点は少々残念なところでしょうか。

pHコントロール1と2の違い

pHコントロール1と2の違いに話を進めますが、はじめに結論を言うと両者の間に大きな違いはありません。

と言うのも、前述の通りストルバイト結石に対応する製品がpHコントロール1、シュウ酸カルシウム結石に対応する製品がpHコントロール2と元来はその目的が異なり、当然ながら成分にも違いがあったものの、前者にシュウ酸カルシウム結石への配慮が、後者にはストルバイト結石への配慮が加えられた結果、両者の効能がほぼ同じところに落ち着いたとのこと。

pHコントロール1が尿pHを下げ過ぎる(酸性化する)ことによりシュウ酸カルシウム結石ができてしまうリスクを、

逆にpHコントロール2が尿のpH値を上げる(アルカリ性にする)ことでストルバイト結石が生成されるリスクをそれぞれ解決したことが最大の理由です。

ちなみに、味についても両者全く同じ設定で、チキン味とフィッシュ味のいずれかを選択することができます。

ただし、同じチキン味とフィッシュ味でもpHコントロール1と2では微妙に異なり、その違いを判断できる猫ちゃんもいるらしいですので、使い分けは必要みたいです。

結石の溶解・予防効果の違い

結石の溶解・予防効果の違い

1と2の違いだけでなく、pHコントロールシリーズ5種類間のストルバイト結石の溶解・予防に対する効果の違いについてもまとめました。

ミネラルバランスを適切に調整すると同時に尿pHを弱酸性にしてストルバイト結石の溶解と再結晶化の防止を図るメカニズムは全製品に共通しますが、ロイヤルカナンの回答によればその効果はpHコントロール0がダントツに高く、次いでオルファクトリー、さらに1と2、そしてライトが続きます。

ストルバイト結石に対する効果

製品名 ストルバイト結石の溶解・予防効果
phコントロール0        S
pHコントロール オルファクトリー        A+
pHコントロール1、2、ライト        A

1と2、ライトとの差はわずかで、“0だけが抜きん出ておりそれ以外は全て一緒と言ってもよい程度の微妙な違い”とのことです。。

0以外の製品については猫の好みに合うかどうかが最重要事項になるので、それぞれ500g入り製品を購入して順番に食べさせ、最も食い付きが良い製品の2kgもしくは4kg入りを継続して購入するのがよいと思います。

前述の通りシュウ酸カルシウム結石の予防効果においてもpHコントロール0が最も優秀なので、その予防を図る場合にもやはりこちらを最優先に与えてみて、食い付きが悪い場合には他のラインナップを選択しましょう。

味の違い

同じpHコントロールでもそれぞれの製品ごとに味や香りが微妙に異なるため、猫の嗜好次第では“1だと食べるのに0だと食べない”などと言うことも十分にあり得ます。

ただし、製品としてどれが美味しいとか不味いと言う話ではなく、あくまでもその猫の好みに合うかどうかの問題なので、これを買えば大丈夫と一概に言うことはできません。

私の経験では、一般に食い付きが良いと言われるオルファクトリーでも全く食べようとしない猫が存在します(汗

新しいユリナリーS/Oとは?pHコントロールとの違い

今は、尿トラブルの際に処方されるロイヤルカナンのフードでよく耳にするのが「ユリナリーS/O(以前はpHコントロール)」かと思います。

ユリナリーS/Oも様々な種類がありますので、簡単にですが下記にまとめます。

以下のようなケースにはぜひご検討ください!

  1. これまで尿路結石と言われてずっと療法食を与えてきたが、フードをどうしようか迷っている。
  2. 多頭で飼育していて、そのうち1頭が尿路結石や膀胱炎の診断を受けて療法食を勧められた。若い子と高齢の子が同居している状況で、全員一緒に与えることができるフードに変更したい。
  3. シニアで、あちこちでおしっこうんちをしてしまう、大きな声でワーワー鳴く、急に飼い主さんや同居猫に対して攻撃的になった、新しい猫が来てから体のあちこちをなめて毛がどんどん薄くなってきた…etc ストレスが原因と思われる問題行動がある猫ちゃんに。

ユリナリーS/Oシリーズの特徴

  • ーストルバイトを予防可能
  • ーストルバイトを溶解可能
  • ーシュウ酸カルシウムを予防可能
  • ー長期間の給与が可能
  • ー特発性膀胱炎に適応(猫のみ)

尿を結石(結晶)が溶けやすい(出来にくい)状態にすることができ、水を沢山飲み尿をすることによって、膀胱の中を洗い流します。

加水分解ミルクプロテインというストレスを和らげる成分をこちらも配合しております。

ですから、ストレスが原因の特発性膀胱炎や、「あちこちでおしっこをしてしまう」、「同居猫や飼い主さんに攻撃的である」、「ストレスでお腹をなめて毛が抜けている」などの問題行動に対しても効果が期待できます。

ユリナリー S/Oとは?

ロイヤルカナンの『pHコントロール』という尿路結石用の療法食シリーズがあります。

非常にたくさんの患者さんに処方して食べていただいている製品ですが、新しい名前は、『ユリナリーS/O』というシリーズに変わっています

Sはストラバイト;Struviteの、Oはシュウ酸カルシウム;Calcium Oxalateという2大結石の名前の頭文字を取ってるようです。

これまでも実は、世界ではこの『ユリナリーS/O』という名前が使われていたのですが、日本だけ『pHコントロール』という名前で売られていたのです。

では、変わったのは名前だけなのかというと、微妙にレシピや成分の変更も行われています。

今回はその特徴をまとめましたので、それぞれにあったフードはそれぞれ微妙にレシピや成分の変更も行われています。

うちの子にはどのシリーズが良いのかな??と疑問が生じた方もたくさんいるかと思います。

そこで、リニューアルされたpHコントロールの新製品と各ユリナリーの選び方や特徴について様々な商品をご紹介させていただきます。

選び方の基準としては下記の6種類です。

スタンダード

現行品 新製品名/新パッケージ 特徴
pHコントロール0

pHコントロール 0

規格:500g・2kg

代謝エネルギー:386kcal/100g

ユリナリーS/O

ユリナリーS/O

規格:500g2kg4kg

原産国:韓国

代謝エネルギー:387kcal/100g
ドライ製品中で、尿比重が最も低くなり、

ストルバイトの溶解能力・シュウ酸カルシウムの予防能力も最も高い。

特発性膀胱炎にも適している。

→ドライフードの中で最も性能が高く、長期間の使用も問題ありません。

飽きない香り

現行品 新製品名/新パッケージ 特徴
pHコントロール 2フィッシュテイスト

pHコントロール 2
フィッシュテイスト

規格:500g・2kg・4kg

代謝エネルギー:387kcal/100g

ユリナリーS/Oオルファクトリー

ユリナリーS/O
オルファクトリー

規格:500g2kg4kg

原産国:韓国

代謝エネルギー:386kcal/100g

猫用ユリナリーS/Oシリーズドライ製品は、pHコントロール0(ゼロ)と同様、

下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に

給与する目的で特別に調製された食事療法食です。

下部尿路疾患(結石)に配慮され、嗜好性も高い。

pHコントロール0に次いで溶解能力・予防能力が高い。

飽きない香り+肥満気味

現行品 新製品名/新パッケージ 特徴
pHコントロールオルファクトリー

pHコントロール
オルファクトリー

規格:500g・2kg・4kg

代謝エネルギー:347kcal/100g

ユリナリーS/Oオルファクトリーライト

ユリナリーS/O
オルファクトリー
ライト

規格:500g2kg4kg

原産国:韓国

代謝エネルギー:346kcal/100g

猫用ユリナリーS/Oシリーズドライ製品は、pHコントロール0(ゼロ)と同様、

下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)

の猫に給与する目的で特別に調製された食事療法食です。

下部尿路疾患(結石)に配慮され、嗜好性も高い

また、肥満リスクの高い猫の体重管理にも配慮し、低カロリーに作られています。

肥満気味

現行品 新製品名/新パッケージ 特徴
pHコントロールライト

pHコントロール
ライト

規格:500g・2kg・4kg

代謝エネルギー:350kcal/100g

ユリナリーS/Oライト

ユリナリーS/O
ライト

規格:500g2kg4kg

原産国:韓国

代謝エネルギー:352kcal/100g

猫用ユリナリーS/Oシリーズドライ製品は、pHコントロール0(ゼロ)と同様、

下部尿路疾患
(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)
の猫に

給与する目的で特別に調製された食事療法食です。

体重が気になる子におすすめ
(肥満傾向にあると結石ができるリスクが高くなります)

→カロリー10%オフ、高タンパク質・低脂肪・高食物繊維で

性能はユリナリー S/Oと比べても遜色はなくおなかが空きにくいように作られています。

ウェットタイプが好き

現行品 新製品名/新パッケージ 特徴
pHコントロールパウチ

pHコントロール
パウチ

規格:100g

ユリナリーS/Oパウチ

ユリナリーS/O
パウチ

規格:85g

原産国:オーストリア

ドライ製品よりも高性能(特にシュウ酸カルシウム)、

特発性膀胱炎には最適。

→猫はもともと、あまり水を飲まないため

尿が濃くなり結石ができやすくなります。

また、ウェットの方が水分を多く含んでいるため

結石ができにくいとされます。

ウェットタイプが好き

現行品 新製品名/新パッケージ 特徴
pHコントロール フィッシュテイスト パウチ

pHコントロール
フィッシュテイスト
パウチ

規格:100g

ユリナリーS/Oライトパウチ

ユリナリーS/O
ライト
パウチ

規格:85g

原産国:オーストリア

体重が気になる子におすすめ

(肥満傾向にあると結石ができるリスクが高くなります)

→カロリー10%オフ、高タンパク質・低脂肪・高食物繊維で

性能はユリナリー S/Oと比べても遜色はなく

おなかが空きにくいように作られています。

減量が必要

製品名 特徴

pHコントロール 満腹感サポート

規格:500g・2kg

原産国:フランス

代謝エネルギー:305kcal/100g

体重が気になる子におすすめ

(肥満傾向にあると結石ができるリスクが高くなります)

減量時にリーンボディマス(除脂肪体重)を維持するため、

タンパク質含有量を標準フードと比較し、

約66%増やし45.1g/400kcalに調整しています。

ストレスへの配慮(ストレス刺激が多い猫に使用)

現行品 新製品名/新パッケージ 特徴

pHコントロール+CLT

代謝エネルギー:357kcal/100g

ユリナリーS/O+CLT

規格:500g・2kg

原産国:フランス

代謝エネルギー:356kcal/100g

7歳以上

規格:500g・2kg
原産国:フランス
代謝エネルギー:372kcal/100g
3才までのオス、7才までのメスにおすすめ

→この年齢の猫には、ストルバイトができやすい傾向にあります。

このフードはシュウ酸カルシウムにも対応していますが、

ストルバイトがよりできにくくなるように作られています。

 

7歳以上

3才過ぎのオス、7才過ぎのメスにおすすめ

→この年齢の猫にはシュウ酸カルシウムができやすい傾向にあります。

ユリナリーS/O同様2種類の結石に対応していますが、

シュウ酸カルシウムがよりできにくくなるように作られています。

このフードは、猫ちゃんの特発性膀胱炎という病気に対応したフードとして新発売しました。特徴としては、加水分解ミルクプロテインという、猫ちゃんのストレスを和らげる成分を配合しております。

CLT:特発性膀胱炎の食事療法食として、加水分解ミルクタンパク(加水分解アルファS1トリプシンカゼイン)を配合し、L-トリプトファンの含有量を調整します。

このため、血尿や頻尿などの病気の症状を改善するだけではなく、猫ちゃんのストレスによる問題行動の治療としても有効なケースが多数報告されてきております。

継続販売製品 ※原産国が韓国に変更になります。 ※レシピはマイナー変更となります。
pHコントロール1

pHコントロール1
pHコントロール1 フィッシュテイスト

pHコントロール1
フィッシュテイスト
pHコントロール2

pHコントロール2
ベッツプラン pHケア フィッシュ

ベッツプラン pHケア
フィッシュ

なお、いずれを選択するにしても一般に売られているキャットフードよりも価格が高いので、愛猫の食い付きを見ながら最適な商品を確実に見極め、ネット通販を利用して定期購入するのが最も経済的です。

ユリナリー S/Oを病院よりも安く購入する方法

ユリナリーS/O 500g

猫用 ユリナリーS/Oは、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。

ユリナリーS/O  2kg

猫用 ユリナリーS/Oは、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。

ユリナリーS/O  4kg

猫用 ユリナリーS/Oは、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。

ユリナリーS/O オルファクトリー 500g

猫用 ユリナリーS/O オルファクトリー は、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。また食欲をそそる独自の香り組成に調整しています。

ユリナリーS/O オルファクトリー 2kg

猫用 ユリナリーS/O オルファクトリー は、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。また食欲をそそる独自の香り組成に調整しています。

ユリナリーS/O オルファクトリー 4kg

猫用 ユリナリーS/O オルファクトリー は、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。また食欲をそそる独自の香り組成に調整しています。

ユリナリーS/O オルファクトリーライト 500g

猫用 ユリナリーS/O オルファクトリー ライト は、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。また食欲をそそる独自の香り組成に調整し、さらに体重過多に配慮してカロリー密度を低く調整しています。

ユリナリーS/O オルファクトリーライト 2kg

猫用 ユリナリーS/O オルファクトリー ライト は、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。また食欲をそそる独自の香り組成に調整し、さらに体重過多に配慮してカロリー密度を低く調整しています。

ユリナリーS/O オルファクトリーライト 4kg

猫用 ユリナリーS/O オルファクトリー ライト は、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。また食欲をそそる独自の香り組成に調整し、さらに体重過多に配慮してカロリー密度を低く調整しています。

ユリナリーS/Oライト 500g

猫用 ユリナリーS/O ライト は、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。さらに、体重過多に配慮してカロリー密度を低く調整しています。

ユリナリーS/Oライト 2kg

猫用 ユリナリーS/O ライト は、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。さらに、体重過多に配慮してカロリー密度を低く調整しています。

ユリナリーS/Oライト 4kg

猫用 ユリナリーS/O ライト は、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。さらに、体重過多に配慮してカロリー密度を低く調整しています。

ユリナリーS/Oパウチ

猫用 ユリナリーS/Oは、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。

ユリナリーS/Oパウチライト

猫用 ユリナリーS/O ライトは、下部尿路疾患(ストルバイト結石症およびシュウ酸カルシウム結石症)の猫に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。この食事は、マグネシウムなどのミネラル成分を調整しています。さらに、体重過多に配慮してカロリー密度を低く調整しています。

上記のフードは、病院で購入するよりも、ネットで購入することで費用を安く抑えることができます。

長く継続する必要があるため、少しでも安いほうがいいですよね。

ここからは、上記の結石治療が必要な病気に関してまとめて話したいと思います。

下部尿路って…?

上部尿路は腎臓と尿管、下部尿路は膀胱と尿道の事を言います。

犬の下部尿路疾患の統計調査によると40%が膀胱炎、24%が尿失禁、18%が尿石症、8%がその他となっています。

膀胱炎はメスに多く、尿失禁は避妊手術後のメスに見られる事があります。

また、膀胱炎や尿石症は感染性であることが多いと言われています。

猫の下部尿路疾患の統計調査によると57%が特発性膀胱炎、22%が尿石症、10%が尿道栓子、8%が尿路感染症、3%が不明となっています。

特発性膀胱炎の原因は明確には判明してはいませんが、ストレスや水を飲む量が少ないことが一つではないかと言われています。

治療は…?

・膀胱を保護する(EPA,DHAが良いとされる。魚に多く含まれ、炎症を軽減し膀胱壁を刺激から守る。)

・ストレスを最小限にする(トイレを綺麗に保ち、多頭飼いであれば頭数分のトイレを出来るだけ設置する。

また、キャットタワーなど上下に運動できるような場所があるだけでもストレスを和らげることができる。)

・尿量を増やす(療法食を使用し、尿を薄めて刺激を減らす。食事中のタンパク量・ナトリウム量を調節し飲水量を増加させる。消化率の向上を図り水分吸収率を向上させる。)

尿石症

犬猫共に結石はストルバイトとシュウ酸カルシウムが主に検出されます。

ストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)

ストルバイト結晶は尿がアルカリ性に傾くと発生しやすく、酸性尿中でよく溶けます。

→・尿酸性化剤を与える(骨が脆くなることがあり、長期使用には適さない。)

・食物中の成分を調節する(適切なフードで管理するとアシドーシスになりにくい。)

犬のストルバイト結石症の原因70%が尿路感染症を伴っていると言われています。

(そのため、抗菌剤の使用やタンパク質を制限した食事が好ましい。)

じゃこ、煮干し、のり、ミネラルウォーター(硬水)を多く摂取していると尿pHが高くなります。

またマグネシウムを多く含む食事を取ることで、ストルバイトが形成されやすくなります。

気温の低下や肥満によりあまり運動をしないと水分を摂取する量が減り、尿量が減少します。

このため、尿の濃度が高くなったり、膀胱に尿が溜まるのに時間がかかり尿結石のリスクが増大します。

(食事中に含まれるタンパク質や塩類が多いと水分摂取量が増えます。)

消化率の低い食事を食べている場合、糞便の量が増加し、それに伴い糞便中の水分が増え尿量が減少します。

ストルバイト結石の管理のポイント

  • 尿を弱酸性にする…
  • 猫:pH6.0~6.5
  • 犬:pH5.5~6.0
  • マグネシウム摂取量を控える
  • 尿量を増やす(飲水量を増やす・消化率の高い食事にする)
  • 抗菌剤を投与する(結石消失+3週間)(犬)
  • タンパク質を制限する(犬)

シュウ酸カルシウム(カルシウムオキサレート)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シュウ酸カルシウムは溶かすことができないため、外科的に除去するしかありません。

マグネシウムを制限しすぎたり、尿pHを下げすぎるとカルシウムの尿中排泄量が増えシュウ酸カルシウムのリスクが高くなります。

マグネシウムを制限しすぎず、尿pHを下げすぎず、尿量を増やすことがシュウ酸カルシウム形成のリスクを下げることに繋がります

健康診断

簡単な検査をこまめに行うことで病気の早期発見につながるケースも…

◎聴診→心雑音の有無→心臓病

◎尿検査→尿比重(低比重尿)・尿タンパク→LUTD、初期の腎臓病

ビリルビン→肝疾患

潜血・尿pH(亜硝酸塩:細菌感染)→LUTD、腎疾患

尿糖→糖尿病、腎疾患

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、いつも犬と猫に癒されています。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。
現役獣医師が海外で勉強しながら得た、犬と猫の病気に対する知識とスキルを発信していきます。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー
PAGE TOP