獣医師解説!犬の肝吸虫症〜原因、症状、治療法〜

動物病院で、自分の犬が肝吸虫症と診断された...

肝吸虫症と診断されたけど、病院での説明不足や、混乱してうまく理解できなくてこの記事に辿りついたのではないでしょうか?

ネット上にも様々な情報が溢れていますが、そのほとんどが科学的根拠やエビデンス、論文の裏付けが乏しかったり、情報が古かったりします。

中には無駄に不安を煽るような内容も多く含まれます。

ネット記事の内容を鵜呑みにするのではなく、

情報のソースや科学的根拠はあるか?記事を書いている人は信用できるか?など、

その情報が正しいかどうか、信用するに値するかどうか判断することが大切です。

例えば...

  • 人に移るの?
  • 治る病気なの?
  • 危ない状態なのか?
  • 治療してしっかり治る?

これを読んでいるあなたもこんな悩みを持っているのでは?

結論から言うと、犬、猫に寄生する吸虫は一般的に病原性は低く、臨床症状を示さない事が多いです。

また終宿主での宿主特異性は低いものが多く人獣共通感染症として知られていますが、犬、猫から直接、人に感染するわけではないです。

予防は、感染源となる中間宿主(淡水魚、カエルなど)や待機宿主(へビ)の摂食を防ぐことで、特に猫では完全な室内飼育でない限り予防は困難です。

この記事では、犬の肝吸虫症についてその原因、症状、診断方法、治療法までをまとめました。

限りなく網羅的にまとめましたので、肝吸虫症と診断された飼い主、犬を飼い始めた飼い主は是非ご覧ください。

✔︎本記事の信憑性
この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、
論文発表や学会での表彰経験もあります。

今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭と生活をしています。

臨床獣医師、研究者、犬の飼い主という3つの観点から科学的根拠に基づく正しい情報を発信中!

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】

✔︎本記事の内容

犬の肺吸虫症〜原因、症状、治療法〜

犬の肺吸虫症の病原体

本症は、後睾吸虫目、後睾吸虫科に属する肝吸虫成虫の胆管への寄生によって引き起こされます。
成虫は扇平な柳葉状で、長さは 5~20 mm、幅2~5 mm です。

犬の肺吸虫症の疫学

犬の肺吸虫症の疫学

肝吸虫は中国、韓国、日本、台湾、ベトナムおよびロシアに分布し、かつて日本では東北地方~九州地方に至るまで広く流行がみられました。

しかし第1中間宿主であるマメタニシ(絶滅危供E類)の分布域が激減したことに伴い、日本国内では肝吸虫症の流行地は縮小しました。

1970年以降の猫の調査では、ほとんど本種は検出されておらず、肝吸虫の検出された調査

  • 兵庫県 0.4%(1/259糞便検査)
  • 大阪府 6.1% (12/198)
  • 関東地方 5.5% (5/91)
  • 埼玉県0.9%(1/106)

と感染率は低いです。

犬の調査でも広島県の福山で3.4%(17/500糞便検査)から検出されているのみです。

犬の肺吸虫症の宿主

犬の肺吸虫症の宿主

イタチ、人、犬、猫、ブタ、ネズミなどが主たる終宿主で、成虫はこれらの動物の胆管に寄生しますが、十二指腸や膵管からもまれに検出されます。

肝吸虫の第1中間宿主はマメタニシ、第2中間宿主は様々な淡水魚で、特に、モツゴ、モロコ、タナゴ、ヒガイ、ウグイ、コイ、フナ、ワカサギなどが重要です。

犬の肺吸虫症の感染経路と生活環

犬の肺吸虫症の感染経路と生活環

終宿主の胆管内に寄生する成虫から産卵された虫卵(内部にミラシジウムを含む)は、胆道から消化管を通って糞使とともに体外に排出されます。

糞便から水中に出た虫卵は、第1中間宿主であるマメタニシに経口摂取されます。

この巻貝の消化管内でミラシジウムが孵化し、貝体内に侵入します。

その後,スポロシスト、レジアへと発育・無性生殖を行い、最終的に多数のセルカリアを産出します。

セルカリアはマメタニシから水中に遊出し、第2中間宿主の淡水産魚類へ体表より侵入します。

魚の体内では主に筋肉、一部は皮下組織に移動し、20日以上経過して被嚢し、成熟メタセルカリアとなります。

終宿主はこれらの淡水魚を経口摂取することにより感染します。

メタセルカリアは終宿主の十二指腸で脱嚢し、15~48時間で総胆管に入り、さらに肝内の胆管枝に達します。

感染後23~26日で産卵を開始し、糞便中に虫卵がみられるようになります。

成虫の寄生期間は数カ月~数年で、猫では12年以上の例が確認されており、人でも10年以上の感染歴をもつ患者が記録されています。

犬の肺吸虫症の臨床症状および病原性

犬の肺吸虫症の臨床症状および病原性

軽度感染が普通で、通常は無症状です。

犬・猫における詳細な症状は不明です。

寄生部位の胆管において機械的な刺激を与え、カタル性炎症、上皮の剥離、胆管壁の肥厚を伴う上皮の腺腫様の増殖を引き起こし、重症例では肝硬変となります。

病理組織学的所見は、総胆管の拡張、小胆管の増生(偽胆管形成)、胆管壁の線維性肥厚、胆管上皮細胞の腺腫様増殖、リンパ球集積、肝細胞の変性、肝小葉間構造の乱れ、胆汁のうっ滞、肝硬変などです。

人では上腹部の痛み、下痢、浮腫、肝腫大、黄疸や腹水がみられます。

病害の程度は、感染虫体数と感染期間、さらに動物種により異なります。

犬と猫では胆管癌の発生も報告されています。

再感染防御については顕著ではなく、容易に再感染します。

犬の肺吸虫症の診断:虫卵の検出

犬の肺吸虫症の診断:虫卵の検出

肝吸虫症の診断には、虫卵の確認が最も重要です。

糞便もしくは十二指腸ゾンデで採集した胆汁から虫卵を検出します。

虫卵は、小型、黄褐色で、内部にミラシジウムを含みます。

虫卵検査法について

胆汁は単純な遠心沈澱、糞便はホルマリン・エーテル法、もしくはセロハン厚層塗抹法を行います。

その他

虫卵は横川吸虫卵、異形吸虫卵などとの鑑別が必要です。

虫卵検査のほか、人ではELISAなどの免疫診断が補助的に用いられることがあり、診断用の抗原としては一般に粗抗原(虫体と分泌・排泄物)が用いられています。

腹腔鏡や肝生検は、肝硬変や胆管癌を検出できるので診断の助けとなります。

また、内視鏡的逆行性膵胆管造影、肝臓の超音波およびCT画像による胆管の異常所見も有用ですが、肝吸虫症の診断には虫卵の確認が最も重要です。

犬の肺吸虫症の治療

犬の肺吸虫症の治療

プラジクアンテル40mg/kgの単回経口投与が有効と報告されています。

犬の肺吸虫症の予防

犬、猫への感染予防には、生の淡水魚を食べさせないことが肝心です。

イタチやネズミなどの野生動物における伝播は、マメタニシの生息地では継続していると推測され、これらの流行地においては注意が必要です。

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、いつも犬と猫に癒されています。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。
現役獣医師が海外で勉強しながら得た、犬と猫の病気に対する知識とスキルを発信していきます。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー
PAGE TOP