【獣医師解説】犬と猫の心臓の薬一覧:心不全:僧帽弁閉鎖不全症の薬の選び方、安く買う方法

【獣医師解説】犬の心臓の薬一覧:心不全:僧坊閉鎖不全症の時の薬の選び方

心不全とは、心臓のポンプとしての機能が低下し
全身に十分な量の血液を送ることができなくなった状態のことです。

心不全時、代償的な血流量の維持が体の中では行われます。
イメージとしては、血を送り出すポンプがあまり血を送り出さないから
ポンプに血をたくさん入れようとしたり(前負荷の増大、浮腫として現れます)
ポンプを外から手でぎゅっと押してみるといったことが行われます。
(神経系の興奮を通じた末梢血管の収縮増強という形で現れます。
これは後負荷の増大として現れます。)

その結果、ポンプがパンパンになったり、強く押されることで形が変形したりします。
これは心筋のリモデリングと呼ばれます。心肥大として現れます。
このようなポンプの変形が長期的にはさらなる心不全へとつながります。

心不全治療薬は
大きく2つに分類されます。

・ 強心薬
・ 心臓への負担を軽減させる薬

以下、それぞれについて解説します。

◇強心薬◇

強心薬とは
心臓の収縮力を上げる薬です。
強心薬は
作用機序に基づき、大きく7つに分類されます。

ⅰ.ジギタリス製剤
ⅱ.β1刺激薬
ⅲ.アデニル酸シクラーゼ(AC)活性化薬
ⅳ.非選択的ホスホジエステラーゼ阻害薬
ⅴ.ホスホジエステラーゼIII阻害薬
ⅵ.トロポニンC感受性増強薬
ⅶ.cAMPを直接増加

ⅰ.ジギタリス製剤

このタイプの代表的な強心薬は
・ジギトキシン
・ジゴキシン
などが挙げられます。

ジギトキシン、ジゴキシンは
ジギタリス製剤と呼ばれます。

Na+,K+-ATPaseを阻害することにより
心筋収縮力増強作用をもつ心不全薬です。
利尿薬との併用で相互作用(低カリウム血症がおきやすい)があり
使用時に注意が必要です。

 

ⅱ.β1刺激薬

このタイプの代表的な強心薬は
・ドブタミン(ドブトレックス)
・デノパミン(カルグート)
・ドパミン(イノバン)
・ドカルパミン(タナドーパ)
などが挙げられます。
(  )の前に書いたのが薬の一般名
(  )の中が商品名の一例になります。

ドブタミン、デノパミン、ドパミン、ドカルパミンは
β1刺激薬です。

心筋のβ1受容体を刺激することにより、Gsタンパク質を介して
アデニル酸シクラーゼ(AC:adenylate cyclase)が刺激(活性化)されます。

アデニル酸シクラーゼが活性化されると
細胞内サイクリックAMP(cAMP:cyclic AMP)が増加します。

細胞内cAMPが増加することで、心筋収縮力が増強されます。

 

ⅲ.アデニル酸シクラーゼ(AC)活性化薬

このタイプの代表的な強心薬は
・コルホルシンダロパート(アデール)
などが挙げられます。

コルホルシンダロパートは、アデニル酸シクラーゼ(AC)活性化薬です。
ACとは、cAMPを合成する酵素です。
ACを活性化することにより、細胞内cAMPを増加させることで
心筋収縮力を増加させるとともに、血管拡張を行い後負荷を軽減させます。

ⅳ.非選択的ホスホジエステラーゼ阻害薬

このタイプの代表的な強心薬は
・アミノフィリン(ネオフィリン)
などが挙げられます。

アミノフィリンは、非選択的ホスホジエステラーゼ阻害薬です。
ホスホジエステラーゼは、cAMPを分解する酵素です。
分解酵素を阻害することにより、細胞内cAMPを増加させることで
AC活性化薬と同様に働きます。

ⅴ.ホスホジエステラーゼ III 阻害薬

このタイプの代表的な強心薬は
・ミルリノン(ミルリーラ)
・オルプリノン(コアテック)
などが挙げられます。

ミルリノン、オルプリノンは、ホスホジエステラーゼ III 阻害薬です。
心筋と血管平滑筋のホスホジエステラーゼ III を選択的に阻害し
細胞内 cAMP を増加させることで AC 活性化薬と同様に働きます。

ⅵ.トロポニン C 感受性増強薬

このタイプの代表的な強心薬は
・ピモベンダン(アカルディ)
などが挙げられます。

ピモベンダンは、弱いホスホジエステラーゼ III 阻害作用に加え
Ca2+に対するトロポニンCの感受性を増強することにより強心薬として働きます。
(トロポニンCに関して:生化学まとめました(1) 3-1 4) 参照 )

体重1kg当たりピモベンダンとして0.25mgを1回量とし、1日2回、朝夕おおよそ12時間間隔で経口投与します。

ベトメディン・フレーバー錠(VetmedinChewableTablets)10mg

ベトメディン・フレーバー錠は、犬用の心不全治療薬です。有効成分のピモベンダンを含有しており、僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善に用いられます。

ベトメディン・フレーバー錠に含有されている有効成分のピモベンダンは、心筋の収縮に必要なカルシウムを効率よく生体で利用させ、心臓の収縮力を高めることで、息切れや息苦しさなどの症状を改善します。また、ホスホジエステラーゼ(PDE)酵素の活性を抑えることで、血管を拡張し、心臓への負荷を軽減します。

強心作用および血管拡張作用の2つの作用を同時に示すピモベンダンは、従来の薬とはまったく異なった作用機序により、ゆっくりと確実に進行して行く慢性心不全に対して効果を発揮します。

ベトメディン・フレーバー錠(VetmedinChewableTablets)10mg »

ベトメディン・チュワブル錠犬用(VetmedinFlavourTablets)10mg

ベトメディン・チュワブル錠犬用(VetmedinFlavourTablets)10mg

ベトメディン・フレーバー錠1.25mg犬用 (Vetmedin Flavour Tablets)

ベトメディン・チュアブル錠5mg犬用 (Vetmedin Chewable Tablets)

ベトメディン・チュアブル錠は、犬用の拡張型心筋症や弁閉鎖不全症(僧帽弁および/または三尖弁逆流症)を原因とする
犬のうっ血性心不全の治療薬です。

犬が好きな味付きのチュアブル錠です。

主成分であるピモベンダンは、心筋細胞内の細胞収縮にかかわるタンパク質のカルシウム感受性をあげることにより、心収縮力をあげ、血管内皮細胞内にあるフォスフォジエステラーゼⅢという酵素を抑制することにより、血管収縮作用を抑制する働きがあります。

食欲の低下、疲れやすくなったなどの変化が見られたら心臓病の初期症状である可能性もあるので、病気のサインや日常の中での変化を見逃さないようにすることが重要です。

ベトメディン・フレーバー錠1.25mg犬用 (Vetmedin Flavour Tablets) »

ベトメディン・フレーバー錠 5mg犬用 (Vetmedin Flavour Tablets) »

 

 

犬と猫の心臓の薬:ピモベンダン、ベトメディン、ピモベハート、フォルテコールを安く買う方法

ベトメディン のジェネリック医薬品があります。
ジェネリック医薬品は、同じ成分で製造され同じ効果が期待できる上、より安い価格にてご購入できます。

カーディシュアー・フレーバー

カーディシュアー・フレーバーは、ベトメディンと同じ有効成分のピモベンダンを含有した犬用慢性心不全治療薬です。

カーディシュアー・フレーバーの有効成分であるピモベンダンは、心筋の収縮に必要なカルシウムを効率よく生体で利用させ、心臓の収縮力を高めることで、息切れや息苦しさなどの症状を改善します。また、ホスホジエステラーゼ(PDE)酵素の活性を抑えることで、血管を拡張し、心臓への負荷を軽減します。

強心作用および血管拡張作用の2つの作用を同時に示すピモベンダンは、従来の薬とはまったく異なった作用機序により、ゆっくりと確実に進行して行く慢性心不全に対して効果を発揮します。

ⅶ.cAMPを直接増加

このタイプの代表的な強心薬は
・ブクラデシンナトリウム(アクトシン)
などが挙げられます。

ブクラデシンナトリウムは、cAMPに細胞内で変化する薬です。
直接cAMPを増加させることにより強心薬として働きます。

 

 

ここまでが、心臓の収縮力を上げる薬です。

強心薬をまとめると、以下のような表になります。

◇心臓への負担を軽減させる薬◇

心臓への負担を軽減させる薬は、作用機序により大きく5つに分類されます。

ⅰ.利尿薬
ⅱ.硝酸薬
ⅲ.レニン-アンギオテンシン系作用薬
ⅳ.α、β受容体遮断薬
ⅴ.心房性ナトリウム利尿ペプチド

ⅰ.利尿薬

このタイプの代表的な心臓への負担を軽減させる薬は
・フロセミド(ラシックス)
・ヒドロクロロチアジド(ダイクロトライド)
・トリクロルメチアジド(フルイトラン)
・スピロノラクトン(アルダクトンA)
・トリアムテレン(トリテレン)
などが挙げられます。

フロセミド、ヒドロクロロチアジド、トリクロルメチアジド
スピロノラクトン、トリアムテレンは利尿薬です。

利尿作用により、血液循環量を減らします。
それにより心臓に戻る血液量が減少することにより前負荷が軽減されます。

トラセミド


Torpres(トルプレス)は、ルプラック錠と同じ有効成分のトラセミドを含有する利尿薬です。

Torpres(トルプレス)の有効成分であるトラセミドは、腎臓の尿細管でナトリウムが取り込まれるのを抑えて、ナトリウムを水分とともに尿として出します。体内のナトリウムの量を減少させることで、血管内を循環する血液量を減らして、心臓への負荷を軽減します。

類似薬のフロセミド(ラシックス錠)と比べて、およそ10倍効果が強いのが特徴です。
効果
犬・猫
慢性心不全

※本来はヒト用の医薬品ですが、動物用としても使用可能です。
使用方法
犬・猫
トラセミドとして、体重1kgあたり0.2~0.3mgを8~24時間間隔で経口投与する。(通常、1日2回)
トラセミドの投与量は、フロセミド投与量の10%を目安とする。

トラセミド10mg(Torpres)»

トラセミド20mg(Torpres)»

トラセミド40mg(Torpres) »

カルダリス(Cardalis)

カルダリス錠は犬のうっ血性心不全の治療薬として開発された新しいお薬です。有効成分にベナゼプリル塩酸塩とスピロノラクトンを含有しており、犬の慢性変性弁膜症によっておこるうっ血性心不全の治療薬に用いられます。

カルダリス錠に含有されている有効成分のベナゼプリル塩酸塩は、血管を収縮させる物質であるアンジオテンシンⅡを生成するアンジオテンシン変換酵素の働きを抑えることにより、アンジオテンシンⅡの産生を抑えて抹消の血管を拡張し、心臓への負荷を抑えます。また、スピロノラクトンはカリウム保持性の利尿薬であり、体内の余分な水分を排出させることにより心負荷を軽減させます。

心不全においては多剤併用することが多く、生涯投薬が必要になることも少なくありません。そういった飼い主の負担を軽減するため、カルダリス錠は犬が好むビーフフレーバーのチュアブル錠に仕上げられており、大きさも他のチュアブル錠と比べて小さめの作りになっています。

体重1kgあたりベナゼプリル塩酸塩として0.25mg、スピロノラクトンとして2mgを1回量とし、1日1回経口投与すること。
食事と同時の投与が推奨されます。

カルダリス(Cardalis) »

 

ⅱ.硝酸薬

このタイプの代表的な心臓への負担を軽減させる薬は
・ニトログリセリン(ミリスロール)
・硝酸イソソルビド(フランドル)
などが挙げられます。

ニトログリセリン、硝酸イソソルビドは硝酸薬です。
血管を拡張することにより、血管抵抗を小さくします。
それにより前負荷、後負荷が軽減されます。

参考) ちなみに、ほぼ同じ成分ですが
イソソルビド(イソバイド)は、メニエール病などに
用いられます。シロップが飲みにくい事で有名です。

冷水で2倍に薄める、炭酸で薄める
後味の悪さに対して炭酸うがいが有効
冷やして泡立てて飲むと飲みやすいなどの報告があります。

 

ⅲ.レニン-アンギオテンシン系阻害薬

このタイプの代表的な心臓への負担を軽減させる薬は
・エナラプリル(レニベース)
・リシノプリル(ゼストリル、ロンゲス)
・カンデサルタンシレキセチル(ブロプレス)
などが挙げられます。

エナラプリル、リシノプリル、カンデサルタンシレキセチルは
レニン-アンギオテンシン系に働きかけることで
血管を拡張して血管抵抗を小さくします。
それにより前負荷、後負荷が軽減されます。
特にエナラプリル、リシノプリルは
心臓リモデリングを抑制することが知られています。

エナラプリル(Enapril)

   
エナプリルは、有効成分のエナラプリルマレイン酸塩を含有する降圧薬です。エナラプリルマレイン酸塩は、血行動態を改善し心不全の悪循環を断ち切ることで、心不全による様々な臨床症状を改善します。

エナプリルは、末梢の血管を拡げて、血圧を降下させる薬です。

血管を収縮させる物質であるアンジオテンシンⅡを生成するアンジオテンシン変換酵素の働きを抑えることで、アンジオテンシンⅡの産生を抑制して、末梢の血管を拡張します。

咳や呼吸困難、運動不耐性、食欲不振、活動性の低下等の臨床症状を改善し、高い延命効果を発揮します。

エナラプリルマレイン酸塩は、世界各国の臨床現場で使用され、すぐれた有効性と安全性が特徴です。

効果

僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全に伴う症状の改善

※本来はヒト用の医薬品ですが、動物用としても使用可能です。

使用方法


通常、体重1kg当たりエナラプリルマレイン酸塩として0.25mg~0.5mgを1日1回経口投与する。
必要により体重1kg当たりエナラプリルマレイン酸塩として0.5mgを、1日2回に増量できる。
通常、体重1kg当たりエナラプリルマレイン酸塩として0.25mg~0.5mgを1日1~2回経口投与する。

エナラプリル(Enapril)2.5mg»

エナラプリル(Enapril)5mg»

エナラプリル(Enapril)10mg»

犬と猫の心臓の薬:ピモベンダンとエナラプリルを安く買う方法

フォルテコールプラス(FortekorPlus)

有効成分のピモベンダンと、ベナゼプリル塩酸塩を含有した犬用の慢性心不全治療薬です。

2つの有効成分を配合することにより、心臓の収縮力を強める作用と、血管を拡張する作用を併せ持ちます。

フォルテコールプラスは、犬用の心不全治療薬です。有効成分のピモベンダンと、ベナゼプリル塩酸塩を含有しており、犬の僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の症状改善に用いられます。

フォルテコールプラスに含有されている有効成分のピモベンダンは、心筋の収縮に必要なカルシウムを効率よく生体で利用させ、心臓の収縮力を高めることで、息切れや息苦しさなどの症状を改善します。また、有効成分のベナゼプリル塩酸塩は、血管を収縮させる物質であるアンジオテンシンⅡを生成するアンジオテンシン変換酵素の働きを抑えることにより、アンジオテンシンⅡの産生を抑えて、抹消の血管を拡張して、心臓への負荷を抑えます。

2つの有効成分を含有したフォルテコールプラスは、強心作用と血管拡張作用を有する犬用の薬です。

効果

犬:僧帽弁閉鎖不全による慢性心不全の症状の改善

使用方法

体重1kgあたり、ピモベンダンとして0.125mg、ベナゼプリル塩酸塩として0.25mgを1回量とし、1日2回、朝夕おおよそ12時間間隔で経口投与してください。
少なくともエサを与える1時間前に投与してください。

体重10kg以上20kg未満の犬
1回0.5錠

体重20kg以上40kg未満の犬
1回1錠

体重40kg以上の犬
1回2錠

フォルテコールプラス(FortekorPlus)1.25mg+2.5mg»

フォルテコールプラス(FortekorPlus)5mg+10mg»

ⅳ.α、β受容体遮断薬

このタイプの代表的な心臓への負担を軽減させる薬は
・カルベジロール(アーチスト)
などが挙げられます。

カルベジロールは、α、β受容体遮断薬です。
α遮断により血管拡張が引き起こされ、血管抵抗が小さくなります。
又、β遮断により、心機能低下が引き起こされ
心筋の酸素消費量を減少させることにより
心臓の負荷を小さくする働きがあります。

 

ⅴ.心房性ナトリウム利尿ペプチド

このタイプの代表的な心臓への負担を軽減させる薬は
・カルペリチド(ハンプ)
などが挙げられます。

カルペリチドは、心房性ナトリウム利尿ペプチド製剤です。
心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP:atrial natriuretic peptide)は
血管拡張作用及び利尿作用を持ちます。

カルペリチドは遺伝子組換え ANP 製剤です。
血管及び腎臓における ANP 受容体に作用して、膜結合型グアニル酸シクラーゼを活性化します。
その結果細胞内 cGMP が増加し、血管拡張、利尿作用が引き起こされます。

心臓への負担を軽減させる薬をまとめると
以下のような表になります。

 

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、現役獣医師が、科学的根拠に基づいた犬と猫の病気に対する正しい知識を発信していきます。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー

sponser

この文章を書いた獣医師に質問!

現役獣医に直接相談!犬・猫の病気・治療相談のります 日本獣医麻酔外科学会で受賞した獣医による相談受付:画像に証拠

合同会社vetlifeによる犬猫アプリ!

PAGE TOP