【飼い主向け】犬のフィラリア予防薬:カルドメック/ハートガードプラスとは【わかりやすく獣医が解説】

犬のフィラリア予防にどんな薬を使ったら良いのか悩んでいる飼い主は多いんではないでしょうか?

当記事では、カルドメック/ハートガードプラスの作用から副作用、値段、更に安く手に入れる方法までまとめました。

犬にとって必要な予防、健康に暮らしていく方法を知りたい飼い主必見です。

限りなく網羅的にまとめましたので、予防について詳しく知りたい、予防を始めたいけど何をしたらいいかわからない、犬を飼い始めた飼い主は是非ご覧ください。

✔︎本記事の信憑性
この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、
論文発表や学会での表彰経験もあります。

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】

✔︎本記事の内容

犬のフィラリア予防薬:カルドメック/ハートガードプラスとは

犬のカルドメック/ハートガードプラスとは?

カルドメック/ハートガードプラスは、ベーリンガーインゲルハイム(Boehringer Ingelheim)社製の、日本でも取り扱われているカルドメックチュアブルPと、成分・メーカー・使用方法が同一の商品です。

犬糸状虫(フィラリア)寄生予防と犬回虫及び犬鉤虫の駆除をする薬です。

犬のカルドメック/ハートガードプラスの有効成分は?

イベルメクチン、ピランテルを含みます。

犬のカルドメック/ハートガードプラスのメリットは?

カルドメック/ハートガードプラスは効果だけでなく、嗜好性を高めるため、味や歯ごたえにもこだわっています。

天然由来物質を原材料とし、犬が好む牛肉を使用しています。また、繊維物質を残して半生タイプに仕上げることで、弾力と食感を楽しむことができます。

嗜好性が高く食いつきが良いので、薬の服用が苦手な犬でも、ストレスをかけることなく簡単に投与できます。

犬のカルドメック/ハートガードプラスの効果は?

犬:犬糸状虫の寄生予防、犬回虫及び犬鉤虫の駆除

犬糸状虫(フィラリア)蚊が媒介して心臓に寄生する虫で、咳や衰弱がみられ、放置すると命にかかわることもあります。

犬回虫及び犬鉤虫消化管内に寄生する蠕虫です。

感染経路は様々ですが、母犬から胎盤や母乳を介して子犬に感染する場合もあります。

毎月1回の投与で、犬糸状虫の寄生を100%予防するとともに、消化管内線虫(回虫、鉤虫)の駆除が可能です。

犬のカルドメック/ハートガードプラスを投与する期間は?

犬糸状虫感染開始後1ヵ月から感染終了後1ヵ月までの期間、毎月1回、1ヵ月間隔で摂取させてください。

犬のカルドメック/ハートガードプラスの副作用は?

本剤の投与により、食欲不振、嘔吐、下痢(軟便)、元気消失、歩様異常、痙攣及び流涎がみられることがあります。

本剤を犬糸状虫感染犬に投与することにより、急性犬糸状虫症(大静脈症候群)、食欲不振、嘔吐、下痢(軟便)、元気消失、歩様異常、痙攣、流涎及び皮膚アレルギー症状(発赤・そう痒)がみられることがあります。

犬のカルドメック/ハートガードプラスの種類は?

  • ハートガードプラス(小型犬用/6週齢~11kg)
  • ハートガードプラス(中型犬用/12~23kg)
  • ハートガードプラス(大型犬用/23~46kg)

犬のカルドメック/ハートガードプラスの価格・値段は?

病院にもよって異なりますが、1個あたりが大凡、1000円~2000円前後が相場です。

犬のカルドメック/ハートガードプラスを通販で買った場合

    

こちらの「ウサパラ」で購入すると、

カルドメック/ハートガードプラス(小型犬用/6週齢~11kg)  3,022円(1箱6個)

カルドメック/ハートガードプラス(大型犬用/23~46kg)   3,224円(1箱6個)

カルドメック/ハートガードプラス(中型犬用/12~23kg)    3,939円(1箱6個)

病院で買うより、1個あたり800~1200円ほど安い計算になります。

他には下記もありますが、「ウサパラ 」が一番安いようです。

あなたの大切な犬と猫の健康な毎日に | 犬猫薬の通販

ぽちたま薬局|ペットのお薬通販|犬猫|

犬のカルドメック/ハートガードプラスを更に安く購入するには

購入時に、このコード『RYUPAFG9』を入れて頂くと3%OFFになりますので、

是非ご活用ください。

上記の画像より購入が可能です。

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、いつも犬と猫に癒されています。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。
現役獣医師が海外で勉強しながら得た、犬と猫の病気に対する知識とスキルを発信していきます。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー
PAGE TOP