犬に殺虫剤、駆虫剤は危険!カルバメート系殺虫剤の怖さとは?!獣医師が解説!

カルバメートを含む駆虫剤製品が多くあります。

カルバメート系殺虫剤は、庭園や家庭用の殺虫剤として、また農業用としても広く用いられます。

液剤、スプレー、粉末があり、供給された状態のままか希釈して使用されます。

通常、家庭用品に含まれる物質の濃度は低いですが、農業製品より危険度が高いです。

農薬系薬剤は非常に多く、農水省に登録された農薬のみでも7600を超える製品があります。

いくつかの農薬系薬剤が1製品中に配合されていることがあるため、必ずしもシンプルな毒性を示さずそれらを併せ持った複雑な中毒症状示します。

そこで当記事では、そんなカルバメートを含む殺虫剤を舐めてしまった時に起こる症状、病態、対処法に至るまでをまとめました。

限りなく網羅的にまとめましたので、万が一の時のために用意しておきたい、周りに夜間の病院がない飼い主は是非ご覧ください。

✔︎本記事の信憑性
この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、
論文発表や学会での表彰経験もあります。

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】

✔︎本記事の内容

犬に殺虫剤、駆虫剤は危険!カルバメート系殺虫剤中毒の怖さとは?!

犬がカルバメート系殺虫剤を舐めてしまった時に起こる病態

<犬がカルバメート系殺虫剤を舐めてしまった時に起こる病態

これらの薬剤は、消化器、皮膚、眼球などから吸収され、速やかに分布し、コリンエステラーゼを阻害し神経シナプスのアセチルコリン濃度を上昇させることにより毒性を発現します。

つまり、有機リン剤と同様に作用し、副交感神経が刺激されムスカリン様作用やニコチン様作用を示します。

  • 有機リン中毒は不可逆的なコリンエステラーゼ阻害作用で、血液-脳関門を通過し、脳のアセチルコリン受容体で多数を占めるムスカリン受容体に作用します。
  • カーバメイト剤は可逆的な阻害で、血液-脳関門を通過しません。

カルバメート中毒の結果生じる作用の持続時間は、有機リン酸塩による中毒よりも短い傾向があります。

犬がカルバメート系殺虫剤を食べてしまった時の中毒の症状

犬がカルバメート系殺虫剤を食べてしまった時の中毒の症状

発症は、通常15分~3時間以内に起こるとされています。

症状として、縮瞳と流涎が特徴的で、嘔吐、下痢、呼吸困難、頻尿などのムスカリン様作用を呈します。

また筋肉の振戦や麻痺などのニコチン様作用、沈鬱や痙攣などの中枢神経症状を呈します。

犬がカルバメート系殺虫剤を食べた時の対処

犬がカルバメート系殺虫剤を食べた時の対処
対処法は3つに大別されます。

動物病院では、まず胃の内容物を吐かせて外に出し、その後、胃の洗浄をして、活性炭や下剤を投与するといった治療がおこなわれます。

中毒の症状や原因となるものを、体外に排出することが最優先されます。

  1. そのまま様子を見る(勝手に吐く、あるいは、便で出るのを待つ or 毒物なら点滴して希釈する)
  2. 吐かせる
  3. 点滴などの対症療法

摂取後2時-4時間以内であれば、催吐薬の投与を行い吸着剤の投与を併用します。

催吐の効果が認められられない場合には、胃洗浄を行うこともあります。

通常1時間以内であれば胃の中にまだありますので、吐かせることができますが、3時間となるとはかせることは難しいため、症状が出た場合は点滴となります。

しかし、お近くに病院がない場合、また3時間以上経過すると胃袋になく、吐かせることができませんので、中毒が出ないように祈る以外、ご自宅でできる事はありません。

これは3時間経過していれば、病院でも同じです。

しかし摂取後時間が経過している場合は催吐薬の投与、洗浄は行わずに吸着剤の投与を行います。

時間が経過している場合は催吐、並びに胃洗浄は体への負担が生じるだけで効果が認められません。

多くの中毒と同様に嘔吐による脱水、電解質の補正のための輸液などの対処量を行います。

点滴治療で、症状を緩和することが目的となります。

犬がカルバメート系殺虫剤中毒を起こした時の治療

犬がカルバメート系殺虫剤中毒を起こした時の治療

前提として、殆どが重篤な症状には進行しません。

しかし、解毒剤はなく、死の報告はされていますので、注意は必要です。

発熱は中毒を悪化させますので、正常体温の維持が重要です。

[皮膚への暴露]

皮膚に付着した場合は、化合物を取り除く為、十分に洗い流すことが必要とされます。

極度に温かい湯は皮膚の浸透、及び吸収を増加させるので危険です。

温かい(熱くない)石鹸水、シャンプー、液体手洗い用洗剤で完全に洗います。

中毒物質を洗う時は、ゴム手袋をし、冷やしすぎない様にします。

嘔吐は胃腸吸収を阻害できる、誤飲後1~2時間以内に行います。

縮瞳や流涎が認められた場合は速やかにアトロピンを投与します。

必要に応じて、この治療3-6時間ごとに繰り返します。

中毒物質の経口摂取の場合、症例の状態に対して可能であれば再度処置を行います。

皮膚暴露の場合は症例を温かい石鹸水で完全に洗い、長毛の場合は毛刈りも行います。

早期であれば、カルバメート中毒において治療薬であるプラリドキシムヨウ化物を筋肉内または皮下注射、もしくは1-2時間かけて静脈内投与を行うことでコリンエステラーゼの活性を戻すことができます。

筋肉の振戦、呼吸麻痺等を強く示す場合はジフェンヒドラミンの皮下もしくは筋肉内注射を8-9時間ごとに投与します。

痙攣が起こっている場合は抗けいれん薬の投与を行います。

呼吸停止が起こる場合があるため、緊急処置に対応できる準備を行う必要があります。

経口投与が可能な状態になれば吸着剤としての活性炭1-4g/kgを経口投与します。

犬がカルバメート系殺虫剤を食べてしまった時の応急処置と対処法

犬がカルバメート系殺虫剤を食べてしまった時の応急処置と対処法

原則は病院の受診です。

病院で安全な催吐処置をしていただくことが最善です。

しかし、周りに病院がない場合、離島などで病院受診が困難な場合は自宅で吐かせるしかありません。

自宅でできる催吐処置は元々非常に危険で、それが原因で命を落とすこともあります。

  1. 炭酸ナトリウム 小型犬:0.5g/頭  中型犬以上:0.5-1g/頭  口腔内投与
  2. 3%過酸化水素(オキシドール) 1-2ml/kg

上記はあくまでも参考です。

決して気軽に自己判断で行わないでください。

農薬系薬物を摂取し摂取後すぐ(できれば1時間以内)で、意識が清明であれば催吐を検討しても良いです。

しかしこれらの薬物は有機溶媒を含んでいることが多いので、誤嚥にはくれぐれも注意が必要です。

摂取した薬物が液体であった場合には特に誤嚥性肺炎を生じることがあるので催吐しないほうが無難な場合もあります。

また催吐が禁忌である場合もありますので摂取したものがわからない場合には催吐の判断を慎重に行います。

酸・アルカリ性の薬物、石油系の薬剤は催吐禁忌であり、また犬の意識障害があっても催吐は禁忌です。

犬がカルバメート系殺虫剤中毒を起こした時の予後

犬がカルバメート系殺虫剤中毒を起こした時の予後

多くのペットは24~48時間以内に回復します。

24時間以内に改善が見られない場合は、再評価が必要です。

犬のカルバメート系殺虫剤中毒の予防

犬のカルバメート系殺虫剤中毒の予防

犬を飼っている場合には、とにかく、これら農薬系薬剤を買わない、置かない事が重要です。

どうしてもそれら薬物を使用する際には、飼い主が危機意識を持ち、犬が誤食する可能性を十分に考え、絶対に犬が立ち入らない場所に設置します。

 犬が中毒を起こした時の為に、準備しておく必要な物

また以下の常備薬を持っておくと、安心です。

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、いつも犬と猫に癒されています。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。
現役獣医師が海外で勉強しながら得た、犬と猫の病気に対する知識とスキルを発信していきます。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー
PAGE TOP