【飼い主向け】猫のノミ、ダニ、フィラリア予防薬:ブロードラインとは【わかりやすく獣医が解説】

猫のノミ、ダニ、フィラリア予防にどんな薬を使ったら良いのか悩んでいる飼い主は多いんではないでしょうか?

当記事では、ブロードラインの作用から副作用、値段、更に安く手に入れる方法までまとめました。

猫にとって必要な予防、健康に暮らしていく方法を知りたい飼い主必見です。

限りなく網羅的にまとめましたので、予防について詳しく知りたい、予防を始めたいけど何をしたらいいかわからない、猫を飼い始めた飼い主は是非ご覧ください。

✔︎本記事の信憑性
この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、
論文発表や学会での表彰経験もあります。

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】

✔︎本記事の内容

猫のノミ、ダニ、フィラリア予防薬:ブロードラインとは

猫のブロードラインとは?

猫のブロードラインとは?

ベーリンガーインゲルハイム(Boehringer Ingelheim)社から出されている、ブロードライン・スポットオン猫用は、​猫用の寄生虫駆除薬です。

4種類の有効成分を含有したブロードライン・スポットオン猫用は、1剤で多くの外部寄生虫と内部寄生虫の駆除または予防が可能です。

猫のブロードラインの有効成分は?

有効成分のフィプロニル、(S)-メトプレン、エプリノメクチン、プラジクアンテルを含有しています。

猫のブロードラインのメリットは?

滴下式で速乾性があり、皮膚から速やかに吸収されます。

滴下式なので経口薬のように飲んでくれなかったり、後で吐き出してしまう心配もありません。

猫のブロードラインの効果は?

  • 猫:犬糸状虫の寄生予防
  • ノミ及びマダニの駆除
  • ノミ卵の孵化阻害及びノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防
  • 回虫(猫回虫)、鉤虫(猫鉤虫)及び条虫(瓜実条虫、猫条虫、多包条虫)の駆除

ブロードライン・スポットオン猫用の有効成分であるフィプロニルと(S)-メトプレンが皮脂を伝わり猫の体表面に広がることで、皮脂腺に貯留し1ヵ月にわたりノミ成虫、ノミの卵・幼虫、そしてマダニに対して効果を発揮します。

また、エプリノメクチンは体内に吸収されることで、猫回虫・猫鉤虫の駆除、犬糸状虫の寄生予防に対して有効です。

同様にプラジクアンテルも体内に吸収され、瓜実条虫・猫条虫・多包条虫に対して効果を発揮します。

猫のブロードラインを投与する期間は?

犬糸状虫の寄生予防

毎月1回、1ヵ月間隔で、猫の肩甲骨間背部の被毛を分け、皮膚上の1部位にシリンジ全量を滴下する。

投薬期間は、蚊の発生1ヵ月後から蚊の発生終息1ヵ月後までとする。

ノミ及びマダニの駆除

ノミ卵の孵化阻害及びノミ幼虫の変態阻害によるノミ寄生予防

回虫(猫回虫)、鉤虫(猫鉤虫)及び条虫(瓜実条虫、猫条虫、多包条虫)の駆除

猫の肩甲骨間背部の被毛を分け、皮膚上の1部位にシリンジ全量を滴下する。

猫のブロードラインの副作用は?

もし、動物が舐めた場合、一過性の流涎が観察されることがあります。

そのため、滴下部位を他の動物が舐めないように注意してください。

まれに、他の外用殺虫剤と同様に本剤の使用後、個体差による一過性の過敏症(投与部位の刺激によるそう痒、発赤、脱毛)が起こることがあります。

本剤の投与により、投与部位の被毛の変色が見られることがあります。

猫のブロードラインの種類は?

  • ブロードライン・スポットオン(猫用/2.5kg未満) 【1箱3ピペット】
  • ブロードライン・スポットオン(猫用/2.5~7.5kg) 【1箱3ピペット】

猫のブロードラインの価格・値段は?

病院にもよって異なりますが、1本あたりが大凡、2000円~3000円前後が相場です。

猫のブロードラインを通販で買った場合

     

こちらの「ウサパラ 」で購入すると、

病院で買うより、1本あたり500円ほど安い計算になります。

上記画像より購入できます。

他には下記もありますが、「ウサパラ 」が一番安いようです。

あなたの大切な犬と猫の健康な毎日に | 犬猫薬の通販

ぽちたま薬局|ペットのお薬通販|犬猫|

猫のブロードラインを更に安く購入するには

購入時に、このコード『RYUPAFG9』を入れて頂くと3%OFFになりますので、

是非ご活用ください。

上記の画像より購入が可能です。

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、いつも犬と猫に癒されています。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。
現役獣医師が海外で勉強しながら得た、犬と猫の病気に対する知識とスキルを発信していきます。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー
PAGE TOP