獣医師解説!犬の尿崩症〜原因、症状、治療法〜

バソプレッシン(AVP)は視床下部の視索上核と室傍核で合成され、軸索輸送されて下垂体後葉に達し、一時的に貯蔵されます。

視床下部の浸透圧受容体が血漿浸透圧の上昇を感知すると、下垂体後葉からAVP が分泌されます。

AVP は腎の遠位尿細管や集合管にあるAVP 受容体に結合して水の再吸収を促し、血漿浸透圧を低下させるように作用します。

その結果、尿は濃縮され、尿浸透圧は上昇します。

AVP が存在しなければ、腎臓は血漿を超える浸透圧の尿を産生することができないです。

このAVP 作用が不足すると、血漿浸透圧が上昇しても腎臓では水が再吸収されず、血漿浸透圧と等しいかそれより低い浸透圧の尿(等張尿あるいは低張尿)が多量に排泄され続けます。

動物は脱水と口渇のため、多量の水を飲みます。

このような病態を尿崩症といいます。

尿崩症は非常にまれな疾患であり、診断の多くは誤診で、ほとんどの例は慢性腎不全など他の疾患によって多飲・多尿を呈しています。

この記事を読めば、犬の尿崩症の症状、原因、治療法までがわかります。

限りなく網羅的にまとめましたので、犬の尿崩症ついてご存知でない飼い主、また犬を飼い始めた飼い主は是非ご覧ください。

✔︎本記事の信憑性
この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、
論文発表や学会での表彰経験もあります。

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】

✔︎本記事の内容

犬の尿崩症〜原因、症状、治療法〜

犬の尿崩症の病態生理

犬の尿崩症の病態生理

尿崩症は、下垂体後葉のAVP 分泌不足による中枢性尿崩症と、腎臓におけるAVP 作用不全による腎性尿崩症に分けられます。

視床下部や下垂体後葉の先天的な異常による中枢性尿崩症は、犬や猫で数多く報告されています。

外傷や腫瘍などにより視床下部や下垂体が障害されると、続発性の中枢性尿崩症が起こります。

腎性尿崩症はAVP 受容体の変異による家族性のものと、種々の腎障害によって起こる続発性のものに分けられまず。

小動物では家族性腎性尿崩症はきわめてまれです。

続発性腎性尿崩症は要するに腎不全です。

犬の尿崩症の症状

犬の尿崩症の症状

最も特徴的な臨床症状は著しい多尿と多飲です。

水分の摂取が制限されていない限り、脱水状態に陥ることはほとんどないです。

多量の飲水により食物の摂取が制限され、成長不良や削痩に陥ることはあります。

外傷や腫瘍などにより視床下部や下垂体に障害をもつ動物では、尿崩症の症状とともに神経症状が現れることがあります。

このような脳底部の障害では意識混濁、見当識障害、運動失調、視力障害などが起こりやすいです。

犬の尿崩症の診断

犬の尿崩症の診断

症例のほとんどは多飲と多尿を主訴として来院するが、飼い主が動物の正確な飲水量を知っていることは少ないです。

与えた水と残した水を計量することにより、24 時間の飲水量を把握しなければならないです。

これにより、動物が多飲(100 ml/kg/ 日以上)を呈していることを確認します。

尿検査は数回以上行い、比重が常に等張ないし低張(1.012 以下)であることを確認します。

血液検査は、多飲や多尿を呈する他の疾患の鑑別のために行います。

  • 尿崩症
  • 心因性多飲
  • 糖尿病
  • 先端巨大症
  • 副腎皮質機能亢進症
  • 副腎皮質機能低下症
  • 甲状腺機能亢進症
  • 高Ca 血症
  • 慢性腎不全
  • 腎盂腎炎
  • 腎性糖尿・ファンコニ症候群
  • 子宮蓄膿症
  • 胆管炎・胆管肝炎
  • 肝不全
  • 多血症
  • 利尿剤
  • グルココルチコイド
  • 甲状腺ホルモン
  • ビタミンD 中毒

他の疾患が除外されれば、尿崩症の確定診断のために水制限試験を行います。

健康な動物の飲水を制限すると、次第に血漿浸透圧が上昇して下垂体後葉からのADH 分泌が刺激され、腎では水の再吸収が増加して尿が濃縮されます。

尿崩症の動物ではADH の分泌や作用が不足するため、尿は濃縮されず、尿浸透圧が血漿浸透圧を超えることはないです。

中枢性尿崩症と腎性尿崩症の鑑別にはADH 投与試験を行います。

中枢性尿崩症では腎臓のADH 受容体が正常であるため、外因性のADH に反応して尿が濃縮されます。

腎性尿崩症ではADH の作用が障害されているので、外因性ADH を投与しても尿は濃縮されません。

水制限試験とADH 投与試験は同時に行うことができます。

犬の尿崩症の治療および予後

中枢性尿崩症の治療には合成AVP製剤である酢酸デスモプレッシンを用います。

症状をみながら1~4 滴を1 日2~3 回点眼または点鼻で投与します。

先天性の中枢性尿崩症の動物は、水が充分に与えられている限り、ほぼ健康な生活を送ることができます。

続発性の中枢性尿崩症の予後は、下垂体や視床下部における基礎疾患により決定されます。

腎性尿崩症の治療にはサイアザイド系利尿剤を用いるが、反応は個体により様々です。

腎性尿崩症のほとんどは続発性であり、予後は腎臓における基礎疾患に決定されます。

犬の尿崩症の検査

犬の尿崩症の検査

【実施前の準備】

自宅での飲水量を、試験72 時間前から120ml/kg/ 日、48 時間前から90 ml/kg/ 日、24 時間前から60~80 ml/kg/ 日に制限します。

試験当日には、水和状態や神経症状に注意しながら身体検査を行います。

多飲多尿以外の問題がなければ、採血して血漿浸透圧を測定します。

血漿浸透圧の測定は専用の機器を用いるのが望ましいが、血漿Na 濃度、血漿K 濃度、尿素窒素(BUN)、血糖値から近似値を得ることもできます。
血漿浸透圧(mOsm/kg)=2(Na + K) + 0.05(血糖 mg/dl) + 0.33(BUN mg/dl)

尿道カテーテルによる採尿で膀胱を空にし、動物の体重を測定します。

このときの尿の比重または浸透圧を測定します。

【水制限試験】

動物をケージ内で安静にし、水と餌を取り除きます。

1~2 時間ごとに体重を測定し、採血と採尿を行い、血漿浸透圧、尿比重および尿浸透圧を測定します。

水制限試験は動物の体重が5%減少した時点(通常6~8 時間後)に終了し、ADH 投与試験に移行します。

試験中に動物の一般状態が悪化した場合には直ちに中止します。

試験中に尿比重が1.030 を超えた場合は、尿崩症を否定して水制限試験を中止します。

判定:尿浸透圧が血漿浸透圧を超えない場合は尿崩症と診断する。尿浸透圧が血漿浸透圧を超えた場合は尿崩症を否定します

【ADH 投与試験】

水性ADH 製剤を0.5U/kg(大型犬では半量)筋肉内投与し、投与後30 分ごとに2 時間後まで採血と採尿を行い、血漿浸透圧、尿比重および尿浸透圧を測定します。

判定:尿浸透圧が血漿浸透圧を超えない場合は腎性尿崩症と診断します。

尿浸透圧が血漿浸透圧を超えた場合は中枢性尿崩症と診断します。

【試験終了後】

試験終了2 時間後までは、ときどき少量の水を与えながら、動物の状態を観察します。

動物の一般状態が良好であれば、自由飲水として帰宅させます。

多飲多尿の判断とは?

1日に体重 × 50mL以上の水を飲む場合は注意が必要です。

個体差もありますので、個人的には60ml/kg/day(1日1kgあたり)までは許容範囲な感じがします。

では具体的にどれくらいの量を飲むと、異常なのでしょうか?

確実に病的な多飲としては体重 × 100 ml以上の水を飲む場合、水の飲み過ぎと判断して良いでしょう。

例えば、体重5kgであれば、5×100 = 500mL以上飲むと異常ということになります。

しかし、上記は目安なので、1日に体重1kgあたり80mlであっても、徐々に増加しているのであれば注意が必要です。

飲水量の計測

上記の体重×50mLという値は飲水 + 食事の合計量です。

5kgの犬猫のドライフードの場合

必要な飲水量は1日で5kg×50mL=250ml

ドライフード

ドライフードの場合は5kg × 50 = 250mL以上で水の飲み過ぎです。

ウェットフード

ウェットフードを与えている場合は、フードに含まれる水分も考慮しなくてはいけません。

5kgの犬猫が1日200gのウェットフードの場合

必要な飲水量は1日で5kg×50mL=250ml

多くのウェットフードに含まれる水分量はおよそ75%です。

つまり、200g × 0.75 = 150 mLの水分を食事から取っていることになります。

ウェットフードの場合は250mL – 150mL = 100mL以上で水の飲み過ぎということになります。

飲水量の測り方

置き水は飲む以外にも蒸発して減っていきます。

正確に飲水量を測る場合は、蒸発量を考慮に入れた以下の方法で測ると良いです。

通常の水入れの場合
  • 同じ形の水入れを2つ用意する
  • どちらにも同じ量の水を入れる
  • 1つは普段通り自由に飲める場所に置く(A)
  • もう1つは隣に飲めないようにして置く(B)
  • Bの残りの水の量 – Aの残りの水の量 = 飲んだ水の量
    これで正確な飲水量を測ることができます。
ペットボトルに入れるタイプで給水

この場合は、あらかじめ入れる量を計算すれば、蒸発を考える必要はありません。

2Lのペットボトルまで使用可。ワンタッチでボトルの取り外しが可能。サークルやケージに取り付けができます。
ケージやサークルに取り付けてペットボトルで簡単水分補給!ワンタッチ操作で付け外しができ、水の交換が簡単です。市販の500mlペットボトルが利用できます。飲み口が1コ所のシングルタイプ。
キャリーに取り付けられるから外出先でも給水ができる。ハードキャリーに取付できるコンパクト給水器。簡単に水の補給ができるので外出時も安心です。
飲んだ量がわかるボトル付き。 ペットの健康管理に! 犬はもちろん、猫も飲みやすいお皿型です。定タイプなので倒れてこぼれる心配がありません。飲みやすい快適設計。 飲み口が広く、ペットの体高に合わせて飲みやすい高さに設定できます。 飲んだ分だけ自動補給。 水が少なくなると自動的に給水、一定量でストップします。茶色とピンクの2色の目盛りで飲んだ量を測りやすい。 ワンタッチ操作でつけ外しができるので、水の交換が簡単です。お皿部分が取り外しできるので、簡単にお掃除ができます。

もちろん体重 × 50 mlを超えていないかをチェックするのも大事ですが、水の飲む量には個体差があります。

1番大事なのは変化(増加傾向、減少傾向)です。

日頃から飲水量を測定しておき、増加していないかどうかチェックするのが良いでしょう。

排尿量の測り方

水を多く飲むということは、「尿の量が増えて喉が渇く」ということです。

多飲:多く水を飲むということは体が水を欲している脱水状態であり、必ず排尿量も増えます。

飲水量以上に排尿すると脱水になりますし、飲水量よりも排尿量が少ないとむくんでしまいます。

なんだか最近水を多く飲むようになったなあと思ったら、飲水量を測ると同時におしっこも確認して見ましょう。

  • 量や回数が増えていないか?
  • おしっこの色が薄くなっていないか?

また、自宅で簡単に尿検査ができるペーパースティックを使用して、血統、鮮血、pHを測定することも大事です。

ペットシーツを使用している場合、ペットシーツの重さを測ることで尿量を測定することができます。

勝手に飲水量を制限してはいけません

飼い主さんの中には、水を飲み過ぎていると、心配になって飲水を制限してしまう方がいらっしゃいます。

しかしこれはやってはいけません!

なぜなら、水を飲むということはすでに脱水状態にあるため、脱水状態が悪化してしまうから。

水を飲み過ぎてしまう場合は、水を制限せずに早めに動物病院を受診しましょう。

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、いつも犬と猫に癒されています。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。
現役獣医師が海外で勉強しながら得た、犬と猫の病気に対する知識とスキルを発信していきます。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー
PAGE TOP