獣医師解説!犬や猫のお腹が痛そう?腹痛の場合の原因、症状、対処方法、治療方法〜

愛犬や愛猫の犬や猫のお腹が痛そう?腹痛起こしているので病院に連れて行ったけど、

  • 様子、経過を見てくださいと言われたけど心配...
  • 検査してくれなかった...
  • 病院ではよくわからなかった...
  • 病院では質問しづらかった...
  • 混乱してうまく理解できなかった...
  • もっと詳しく知りたい!
  • 家ではどういったことに気をつけたらいいの?
  • 治療しているけど治らない
  • 予防できるの?
  • 麻酔をかけなくて治療できるの?
  • 高齢だから治療ができないと言われた

もしくは、病院に連れて行けなくてネットで調べていた

という事でこの記事に辿りついたのではないでしょうか?

ネット上にも様々な情報が溢れていますが、そのほとんどが科学的根拠やエビデンス、論文の裏付けが乏しかったり、情報が古かったりします。

中には無駄に不安を煽るような内容も多く含まれます。

ネット記事の内容を鵜呑みにするのではなく、

情報のソースや科学的根拠はあるか?記事を書いている人は信用できるか?など、

その情報が正しいかどうか、信用するに値するかどうか判断することが大切です。

例えば...

  • 人に移るの?
  • 治る病気なの?
  • 危ない状態なのか?
  • 治療してしっかり治る?

これを読んでいるあなたもこんな悩みを持っているのでは?

結論から言うと、腹部に生じる痛みを腹痛と称しますが、急性腹症は急激に重度の腹痛を呈し、緊急手術を必要とするなど重篤な死亡率も高い症候群です。

ですので、安易な自宅での経過観察や様子を見るのは危険です。

しかし、一番危険なのは大型犬ですので、小型犬や猫であれば、比較的緊急性がなかったり、自宅で保温していただくと落ち着くこともあります。

この記事を読めば、犬や猫のお腹が痛そう?腹痛の場合の原因、症状、治療法がわかります。

限りなく網羅的にまとめましたので、ご自宅の愛犬や愛猫の犬や猫のお腹が痛そう?腹痛の場合の理由を知りたい飼い主は、是非ご覧ください。

病気について直接聞きたい!自分の家の子について相談したい方は下記よりご相談ください!

通話:現役獣医による犬・猫の病気・治療相談のります 日本獣医麻酔外科学会で受賞した獣医による相談受付:画像に証拠

現役獣医による犬・猫の病気、治療相談にのります 日本獣医麻酔外科学会で受賞した獣医による相談受付:画像に証拠

✔︎本記事の信憑性

この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、
論文発表や学会での表彰経験もあります。

今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭と生活をしています。

臨床獣医師、研究者、犬の飼い主という3つの観点から科学的根拠に基づく正しい情報を発信中!

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】

✔︎本記事の内容

獣医師解説!犬や猫のチアノーゼ〜原因、症状、対処方法、治療方法、応急処置〜

犬や猫の急性腹症(腹痛・疝痛)とは?

腹部に生じる痛みを腹痛と称するが、急性腹症は急激に重度の腹痛を呈し、緊急手術を必要とするなど重篤な死亡率も高い症候群です。

犬や猫のお腹が痛そう?腹痛の場合の分類と問題点

急性腹症の腹痛には、消化管や内臓に起因する「内臓痛」と、

それ以外の腹部周辺の異常に起因する「体性痛」、

腹部以外の痛みに起因する「関連痛」、

繰り返される間欠性の腹部痙攣痛の「疝痛」があります。

獣医療では、症状から「内臓痛」と「体性痛」の明確な鑑別方法が乏しいので、注意深い観察と諸検査が必要です。

また、疾患によっては、緊急手術が必要になるので、速やかに検査・診断が必要です。

犬や猫のお腹が痛そう?腹痛の場合の病態生理

腹痛は基本的には以下の機序のうちの一つ、またはそれらの複合によって起こります。

  • 腹腔臓器の拡張
  • 腹膜や腸間膜の牽引
  • 虚血
  • 炎症

内臓には、特異的な疼痛受容器はなく、ニューロンの興奮は無鞘の神経終末で起こります。

その神経支配は、まばらに存在するので、狭い範囲の局所の刺激では疼痛は少ないです。

そのため内臓痛が起こっていることは広範囲な損傷を意味します。

また、このような低密度の疼痛性神経線維のために、内臓痛の位置決定が困難な一因となっています。

急性腹症は、様々な原因から起こる症候群であるので、その評価方法は、臨床徴候の重症度によって決定されます。

犬や猫のお腹が痛そう?腹痛の場合の対症療法

急性腹症の原因は多岐にわたるので、それぞれの疾患について対症療法を行います。

極度の腹部膨満で胃拡張・捻転症候群と診断した場合は、迅速に胃内ガスを排出するために、針で穿刺したり、胃カテーテルを使用したりします。

急性腹症では、緊急手術を行うかの見極めが重要です。

また、自宅では、28℃前後の保温と、急に嘔吐が始まった場合は、嘔吐をすると脱水、逆流性食道炎、誤嚥性肺炎、ミネラル喪失につながりますので、嘔吐してから6時間は絶食にすることが大事です。

人用のガスター10という薬を体重1kgあたり1mg飲ませてあげてると、ファモチジンですので胃酸の分泌が止まり、悪心が軽減されます。

緊急性があるかどうかを判断するためにはこちらの記事もどうぞ!

 

犬や猫のお腹が痛そう?腹痛の場合の診断の進め方

急性腹症を疑う場合、迅速な病歴の聴取と身体検査を行い、第一に胃拡張・捻転症候群(ショック状態)なのかを判断します。

胃拡張・捻転症候群が除外できたら、次は、外科的治療(試験開腹を含む)が必要なのか内科的治療を開始するのか検討します。

犬や猫のお腹が痛そう?腹痛の場合の特徴

急性腹症における疼痛の特徴的な臨床症状は主観的な情報によるところが多く、客観性に乏しいです。

しかし、犬において苦痛緩和姿勢として「祈りの姿勢」(前肢を広げて伸ばし、後肢を正常な起立状態にし、頭部と頸部を前肢の上に乗せる姿勢)を呈することがあります。

また、腹部筋肉を固縮させていることもあるので、注意深い触診も有用です。

犬や猫のお腹が痛そう?腹痛の場合の高頻度の疾患

◎胃拡張・捻転症候群

大型犬や胸の深い犬種に多く、食後の急激な腹部膨満と腹部痛が主訴です。

短時間でショック状態に陥り、救命率の低い疾患です。

胃捻転についてもっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事もどうぞ!

◎消化管閉塞

頻回の嘔吐を主訴とし、異物の誤飲や消化管に発生する腫瘍などが原因となります。

内容物によっては、消化管穿孔を併発することもあります。

◎消化管穿孔

何らかの原因で消化管内容物が腹腔に洩れ、腹膜炎を併発します。

◎腸重積

何らかの原因で腸が腸そのものに入ってしまう疾患で、結果的に消化管閉塞のような状態になり消化管穿孔が起こると、腹膜炎を併発します。

犬や猫のお腹が痛そう?腹痛の場合の要点

急性腹症は、転帰の早い疾患なので、迅速な病歴の聴取と的確な身体検査を行い、緊急手術が必要なのかどうか判断が必要な症候群です。

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、現役獣医師が、科学的根拠に基づいた犬と猫の病気に対する正しい知識を発信していきます。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー

この文章を書いた獣医師に質問!

通話:現役獣医による犬・猫の病気・治療相談のります 日本獣医麻酔外科学会で受賞した獣医による相談受付:画像に証拠

PAGE TOP