獣医師が解説!減量と食物アレルギー用ドッグフード:満腹感サポート+低分子プロテイン

ロイヤルカナンのフードは種類が多くてわからない・・・

痩せさせたいけど、アレルギーもある・・・

本記事では、マルチファンションシリーズ !満腹感サポート+低分子プロテインについてお話しします。

  • 様子、経過を見てくださいと言われたけど心配...
  • 検査してくれなかった...
  • 病院ではよくわからなかった...
  • 病院では質問しづらかった...
  • 混乱してうまく理解できなかった...
  • もっと詳しく知りたい!
  • 家ではどういったことに気をつけたらいいの?
  • 治療しているけど治らない
  • 予防できるの?
  • 麻酔をかけなくて治療できるの?
  • 高齢だから治療ができないと言われた

もしくは、病院に連れて行けなくてネットで調べていた という事でこの記事に辿りついたのではないでしょうか?

ネット上にも様々な情報が溢れていますが、そのほとんどが科学的根拠やエビデンス、論文の裏付けが乏しかったり、情報が古かったりします。

中には無駄に不安を煽るような内容も多く含まれます。

ネット記事の内容を鵜呑みにするのではなく、 情報のソースや科学的根拠はあるか?記事を書いている人は信用できるか?など、 その情報が正しいかどうか、信用するに値するかどうか判断することが大切です。

例えば...

  • 人に移るの?
  • 治る病気なの?
  • 危ない状態なのか?
  • 治療してしっかり治る?

これを読んでいるあなたもこんな悩みを持っているのでは?

結論から言うと、満腹感サポート+低分子プロテインは、食物アレルギーを呈し、減量を必要とする犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。

この記事は、マルチファンションシリーズ !満腹感サポート+低分子プロテインが気になる飼い主向けです。

この記事を読めば、マルチファンションシリーズ !腎臓サポート+低分子プロテインの特徴がわかります。

限りなく網羅的にまとめましたので、マルチファンションシリーズ !腎臓サポート+低分子プロテインについて詳しく知りたい飼い主は、是非ご覧ください。

病気について直接聞きたい!自分の家の子について相談したい方は下記よりご相談ください!

通話で相談したい方はこちら!

通話:現役獣医による犬・猫の病気・治療相談のります 日本獣医麻酔外科学会で受賞した獣医による相談受付:画像に証拠

チャットで相談したい方はこちら!

現役獣医による犬・猫の病気、治療相談にのります 日本獣医麻酔外科学会で受賞した獣医による相談受付:画像に証拠

✔︎本記事の信憑性

この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、 論文発表や学会での表彰経験もあります。

今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭と生活をしています。

臨床獣医師、研究者、犬の飼い主という3つの観点から科学的根拠に基づく正しい情報を発信中!

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】や詳しい実績はこちら!

✔︎本記事の内容

獣医師が解説するマルチファンションシリーズ !満腹感サポート+低分子プロテイン

マルチファンクションシリーズの特徴

この文章は消さないでください。
獣医師の診察/診断/指導をより必要とする併発疾患に対応した食事療法食の製品シリーズ

新しい流通制度で、獣医師の診察/ 診断/ 指導のもとで推奨される製品シリーズ

となり、ネットでは購入ができません。

なぜこのシリーズが必要なのか

病気を抱えている犬猫の35%が

2つ以上の病気を併発しています。

食事療法食疾患別ランキング卜ップ3

皮膚 下部尿路 肥満

下部尿路 腎臓 肥満

満腹感サポート+低分子プロテイン

減量が必要で食物アレルギーによる皮膚疾患・消化器疾患の犬のために

Multifunction(マルチファンクション)シリーズの犬用 満腹感サポート+低分子プロテインは、食物アレルギーによる皮膚疾患・消化器疾患のある犬、および減量の必要な犬に給与することを目的として、特別に調製された食事療法食です。減量のために摂取カロリーを制限した場合でも、食事量を確保するために食物繊維を増量し、また必要なタンパク質やビタミン・ミネラルなどが充分に摂取できるように調整されています。この製品は、食物アレルギーの原因となりにくい高消化性の加水分解大豆タンパクを使用しています。

【効果的な体重管理】低脂肪(10%)と高食物繊維(28%)※により、健康的な減量とリバウンドに配慮。 ※標準的な自社成犬用フードと比較し、約40%減(脂肪)と約328%増(食物繊維)。

【おねだり頻度の軽減】高食物繊維(28%)※で食間の満腹感を保ち、減量中のおねだり頻度を軽減。 ※標準的な自社成犬用フードと比較し、約328%増。

【加水分解タンパク】高消化性で食物アレルギーの原因となりにくい低分子ペプチド源として、加水分解大豆タンパクを使用。

【皮膚のバリア機能】健康を維持することで皮膚が本来持つバリア機能を維持。

満腹感サポート

  • 肥満時の減量・体重維持
  • 繕尿病
  • 関節疾患
  • 高脂血症
  • 肝酵素値の上昇
  • 一過性の下痢

減量と体重維持

体重維持

減量・減量後の体重維持=治療

   

食事による減量

一般食の量を減らした場合

量を減らしてカロリーを減らすと栄養素も減ってしまう

栄養不足の危険性大

減量用の食事を使用した場合

カロリーを滅らしても必要な栄養がしっかりとれる

栄養が高密度

通常、食事中のシュウ酸とCaは腸管内で結合したまま排泄されます。

高脂肪食では、脂肪酸はCaと結合しやすく、腸管内で遊離したシュウ酸は吸収され尿中に排泄されます。

低分子プロテイン

  • 食物アレルギーによる皮膚、消化器疾患
  • 外耳炎
  • 炎症性腸疾患
  • 食物不耐性

タンパク質

新規タンパク

これまで摂取したことがないタンパク質を主体する療法食

セレクトプロテイン、d/d

ポリペプチド:分子量が小さくなる

タンパク質を酵素により加水分解してペプチドレベルにまで低分子化させた療法食

低分子プロテイン z/d

アミノ酸:さらに分子量が小さくなる

ペプチドをさらに加水分解してアミノ酸にまで低分子化した療法食

アミノペプチドフォーミュラ

健康診断

簡単な検査をこまめに行うことで病気の早期発見につながるケースも…

◎聴診→心雑音の有無→心臓病

◎尿検査→尿比重(低比重尿)・尿タンパク→LUTD、初期の腎臓病

ビリルビン→肝疾患

潜血・尿pH(亜硝酸塩:細菌感染)→LUTD、腎疾患

尿糖→糖尿病、腎疾患

正しい知識以外に病院の選び方も非常に重要です!

ネットで検索すると、いろんな情報が出てきて混乱して、
逆に不安になったことってありませんか?

ネット記事を読むときは、内容を鵜呑みにするのではなく、
情報のソースや科学的根拠はあるか?記事を書いている人は信用できるか?など、
その情報が正しいかどうか、信用するに値するかどうか判断することが大切です。

とっても大事なこと

愛猫や愛犬のわずかな変化に気付き、守ることができるのは飼い主様だけです!

病気になった時も、獣医師がしっかり説明をして、飼い主様が正しい知識を理解をして、ペットを含め、3者がともに協力しないといい結果は得られません。

本ブログでは、1匹でも正しい予防や治療を受けてペットと楽しい時間をできるだけ長くできるように、報告に基づいてわかりやすく解説しています。

獣医師そらあんブログのTOPに戻る

そらあんTwitterではペットに関する豆知識を発信中!
気になる方はそらあん(@Lifewithdogcat)をフォローしてね♪

 

こんなことについて知りたい!これについてまとめて欲しい!
というのがあれば下記からお願いします!

お問い合わせフォーム

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、現役獣医師が、科学的根拠に基づいた犬と猫の病気に対する正しい知識を発信していきます。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー

sponser

この文章を書いた獣医師に質問!

現役獣医に直接相談!犬・猫の病気・治療相談のります 日本獣医麻酔外科学会で受賞した獣医による相談受付:画像に証拠

PAGE TOP