【獣医師解説】犬と猫の栄養学の基礎〜必要な栄養・フードの与え方、選び方〜

犬や猫にはどんな栄養素が必要なの?手作りでも大丈夫?

オススメのフードの選び方ってあるの?

本記事では、犬と猫の栄養学に基づいたフードの選び方についてお話しします。

  • 様子、経過を見てくださいと言われたけど心配...
  • 検査してくれなかった...
  • 病院ではよくわからなかった...
  • 病院では質問しづらかった...
  • 混乱してうまく理解できなかった...
  • もっと詳しく知りたい!
  • 家ではどういったことに気をつけたらいいの?
  • 治療しているけど治らない
  • 予防できるの?
  • 麻酔をかけなくて治療できるの?
  • 高齢だから治療ができないと言われた

もしくは、病院に連れて行けなくてネットで調べていた という事でこの記事に辿りついたのではないでしょうか?

ネット上にも様々な情報が溢れていますが、そのほとんどが科学的根拠やエビデンス、論文の裏付けが乏しかったり、情報が古かったりします。

中には無駄に不安を煽るような内容も多く含まれます。

ネット記事の内容を鵜呑みにするのではなく、 情報のソースや科学的根拠はあるか?記事を書いている人は信用できるか?など、 その情報が正しいかどうか、信用するに値するかどうか判断することが大切です。

例えば...

  • 人に移るの?
  • 治る病気なの?
  • 危ない状態なのか?
  • 治療してしっかり治る?

これを読んでいるあなたもこんな悩みを持っているのでは?

結論から言うと、皮膚は体重の約20%、表皮は約21日でターンオーバー、毛は1日で300~450m伸びます。

摂取したタンパク質の約30%が皮膚・被毛の維持に使われます。

この記事は、愛犬や愛猫に必要な栄養、フード・食事の選び方が気になる飼い主向けです。

この記事を読めば、愛犬や愛猫の栄養学の基礎から考えられた、必要な栄養・フードの与え方、選び方が分かります。

限りなく網羅的にまとめましたので、ご自宅の愛犬や愛猫の栄養学の基礎から考えられた、必要な栄養・フードの与え方、選び方について詳しく知りたい飼い主は、是非ご覧ください。

病気について直接聞きたい!自分の家の子について相談したい方は下記よりご相談ください!

通話で相談したい方はこちら!

通話:現役獣医による犬・猫の病気・治療相談のります 日本獣医麻酔外科学会で受賞した獣医による相談受付:画像に証拠

チャットで相談したい方はこちら!

現役獣医による犬・猫の病気、治療相談にのります 日本獣医麻酔外科学会で受賞した獣医による相談受付:画像に証拠

✔︎本記事の信憑性

この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、 論文発表や学会での表彰経験もあります。

今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭と生活をしています。

臨床獣医師、研究者、犬の飼い主という3つの観点から科学的根拠に基づく正しい情報を発信中!

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】や詳しい実績はこちら!

✔︎本記事の内容

犬と猫の栄養学の基礎〜必要な栄養・フードの与え方、選び方〜

皮膚と食事、フードの関係性、重要性

皮膚と食事、フードの関係性、重要性

皮膚に関する数字:21、20、30、300〜450 わかりますか?

全て皮膚に関する数字です。

食事は大切で、わずか2種類の

ミネラルが不足しただけで皮膚病になってしまいます。

この数字をもとに、皮膚の機能を見ていきましょう。

皮膚のバリア機能

皮膚のバリア機能が低下すると

  • 皮膚の乾燥
  • 異物の侵入

が起こり、

犬アトピー性皮虜炎の原因になることもあります。

バリア機能を維持するために

この文章は消さないでください。
皮膚の細胞がターンオーバー(新陳代謝)することで、バリアが維持されます(21日)
角質層でバリアとなりやがて剥れ落ちる

形・役割を変えながら徐々に表面に

基底層の細胞が分裂

皮膚の大きさはどれくらい?

小型犬や猫の皮膚(表皮+真皮)は体重の約20%を占める大きな組織です。

中型犬・大型犬では約10~15%です。

1日でどれくらい伸びる?

この文章は消さないでください。
毛は1日で約0.3mm伸びます。

5 ~ 6kg の犬・猫には約100万~150万本の毛が生えています。

つまり1日に伸びる毛の長さは

0.3mm x 100万~ 150万本

= 300~450m

にもなるのです。

皮膚・被毛の健康を保つために

ポイント
  • 皮膚は体重の約20%
  • 表皮は約21日でターンオーバー
  • 毛は1日で300......450m伸びる
摂取したタンパク質の約30%が皮膚・被毛の維持に使われます。

1.食事は大切です!

1.食事は大切です!

病気を治すのは?

  • 薬    原因を除去し炎症を抑える
  • 食べたもの 新しい皮膚や被毛を作る

身体は食べたものからできています

健康でいるのは簡単じゃない

  • 健康=病気じゃない ×
  • いつも通りでいること ○

たとえば、熱を測った時に37.4℃でした。

これが異常かどうかは平熱によって変わります。

36.8℃だと・・・微熱ということになります。

しかし、

35.6℃ だと・・・高熱ですよね。

「いつも」の状態がわからないと病気かどうかわかりません。

健康診断=「いつも」の状態を知ることなのです。

2.ワンちゃん、ネコちゃんに必要な栄養は?

2.ワンちゃん、ネコちゃんに必要な栄養は?

人とは違います

蛋白質、炭水化物、脂質  3大栄養素

ビタミン、ミネラル を加えて  5大栄養素

この文章は消さないでください。
イヌ・ネコ・ヒトで、必要な栄養素の種類は同じでも、動物によって必要なバランスは異なります。

人にとって栄養バランスのとれた食事

犬が食べるとこんなに栄養バランスがかたよります

猫が食べるとこんなに栄養バランスが偏ります

犬と猫の違い

人 雑食動物

犬 雑食動物

 

猫 肉食動物

猫は肉食動物です

特に猫は肉食動物で、ベジタリアンになれません。

この文章は消さないでください。
動物性の食品を食べないと生きていけない動物

 

猫が必ず食事から摂らなりればならない栄養素

タウリン、アラキドン酸、ビタミンA

 

猫にドッグフードだけを与えるのは危険です

 

犬や猫にとっての正しい食事

  • 犬にはドックフードを
  • 猫にはキャットフードを

食べさせましょう!

手作りではダメですか?

市販のペットフードには、アレルギー成分が入っていたり、添加物、保存料、防腐剤が多い・・・

手作り食だとだめなの?

手作り食でもダメでありません。しかし、

人にとって良い食べ物が、犬や猫に必ずしも良いとは限りません。

人の食事とは別に、毎日、栄護のハランスと嗜好性を考えて作ってあげる必要があります。

ペットフードの良いところは・・・

  • 栄養バランスの配慮はもちろんのこと、それぞれの年齢や状態に合わぜたケアができます。
  • 胃腸の状態が毎日チェックできます。

危険な食品

タマネギ・ネギ・ニンニク・ニラ

貧血や血尿がみられる

チョコレート・ココア

嘔吐・下痢・突然死を起こすことがある


ブドウ・レーズン

犬で急性胃不全をおこす

最悪の場合、死に至る

キシリトール入りのおやつなど

震え、昏睡などの低血糖症状を起こす

アボカド

嘔吐、下痢、呼吸困難になる場合も

3.フードの与え方

どのくらいが正しい給与量?

よくいるご家族の方

「給与表に書いてあるとおりにあげているのに太っちゃいました!」

 

それは、与える量が多過ぎるからです!

フードの袋にある給与表は、あくまで目安です。

給与表の正しい使い方

では、どれくらいあげたらいのでしょうか?

給与表の通り、例えば6kgで105gあげるとすると

体重が増えてしまったら

フードを減らす 100g

体重が減ってしまったら

フードを増やす 110g

といった形です。

給与表がないとまずどれくらい与えればよいかわかりません

給与表は適量を見つけるために最初に与える量の目安にすぎません。

食事とは?

この文章は消さないでください。
健康を維持するために必要な栄養素を体の中に取り込むための手段
  • 食べないと意味がない!
  • 必要な栄養素が含まれていないと意味がない!
  • 消化・吸収されないと意味がない!
  • 健康にならないと意昧がない!

『食べない』ときには

この文章は消さないでください。
匂い 形、大きさ、食感 味 栄養バランス
匂いを変えてみる
  • 温める(38-40度ぐらい)
  • 電子レンジ可
  • ただし、温めすぎに注意
食感を変えてみる
  • お湯でふやかしてみる
  • 与え方を変えてみる
食事・食器を変えてみる
  • 陶器〉ガラス〉プラスチック〉ステンレス
  • 食器の高さを変えてみる

必要な栄養素

ふたつの缶詰の違いはなんでしょう?

総合栄養食キャットフード(成猫用)

キャットフード(間食)

フードの分類

総合栄養食

犬や猫が必要としている栄要素をすべて含んだフード

新鮮な水とこの食事のみで健康を維持することができます。
間食

ペットとのコミュニケーションをとるための手段やごほうび

原則として1日のエネルギー所要量の20%以内

その他の目的食

一般食・副食・おかずタイプ

ー栄養補完食・サプリメント

嗜好増進などの目的で与えます

療法食

特定の栄養成分の量や比率の調節

肉食だから”肉"でないとダメ?

犬や猫は肉に含まれる"栄養素"を必要としています

決して"肉"そのものを必要としているわけではありません。

必要な栄養素を摂取できるのであればお肉である必要はありません。

消化・吸収

この文章は消さないでください。
未消化タンパク質と悪玉菌
小腸
  • 消化酵素で消化される
  • アミノ酸まで消化されてから吸収される

消化されないと吸収されない

未消化のまま取り込まれるとアレルギーの原因に

大腸
  • 未消化のタンパク質は大腸へ
  • 悪玉菌によって発酵される

悪臭の原因、便の状態が悪くなる

消化率がとても大切!

しっかりとタンパク質がとれるフードはどちら?

A:チキン、ラム肉、玄米、トウモロコシ粉・・・

B:米、小麦グルテン、チキンミール、とうもろこし粉・・・

 

どちらかわかりましたか?

タンパク質の原材料から考えましょう

原材料は...

A:チキン、ラム肉、玄米、トウモロコシ粉・・・

チキン

  • ー鶏の肉、皮、骨を含む
  • 70%が水分

 

B:米、小麦グルテン、チキンミール 、トウモロコシ粉・・・

チキンミール

  • チキンから皮を取り除いて乾燥させたもの
  • 一般的には消化率85%前後
  • ロイヤルカナンが使うチキンミールは消化率90%以上

 

小麦グルテン

  • 小麦からグルテンというタンパク質を取りだしたもの
  • 骨の成分を含まない
  • 消化率90%以上

だから答えは B です!

4 フードの選び方

4 フードの選び方

ーうちの子に最適な栄養バランスとは?

ー毛づやは健康のパロメーター

良いフードとは?
  1. 嗜好性が良い
  2. 消化や吸収が良い(良質の原材料)
  3. 栄養のバランスが良い
どうすればわかる?
  1. よろこんで食べる
  2. 便の量とにおいが少なくなる
  3. 毛づやがよくなる

フードの種類を変える場合は1週間かけて徐々に慣らしていくようにしてください。

日にち    旧フード量    新フードの量
1-2日目    75%       25%
3-4日目    50%       50%
5-6日目    25%       75%
7日目      0%      100%

フードを変えたばかりは、残してしまったり、好き嫌いがあるかもしれません。

その場合はふりかけやササミの汁、カボチャ、さつまいもを混ぜる、電子レンジで温めることも匂いでご飯を感じる犬にとっては有効です。

まとめ

まとめ
  • 1.食事は大切です!
    ー身体は食べたものからできています
  • 2.ワンちゃん、ネコちゃんに必要な栄養は?
    ー人とは違います(危険な食品に注意)
    ー犬と猫でも違います
  • 3.フードの与え方ー適正体重を維持できる量が「正しい給与量」ですー給与表は最初に与えるときの目安です
  • 4.フードの選び方ー消化の良い食事が良い食事ー毛づやは健康・栄養のバロメーター
    最適なフードを選んであげましょう!

ナトリウムについて

犬や猫がナトリウムを取りすぎると病気になる?

草食動物
この文章は消さないでください。
草:ナトリウムが少ない
  • 腎臓がナトリウムを貯蔵
  • 過剰なナトリウムが蓄積

食塩感受性

肉食動物
この文章は消さないでください。
肉:ナトリウムが多い
  • 腎臓がナトリウムを排泄する
  • 過剰なナトリウムは蓄積しない
  • 尿に捨てられる

動物の血液の塩分濃度は味噌汁と同じくらい

こんなものはあげないで下さい!

タマネギ・ネギ

血液中の赤血球をこわしてしまう成分が含まれています

貧血を起こしたり、赤いおしっこをしたりしてしまいます

*二ンニク・ニラにも同じ成分が含まれています

チョコレート・ココア

中毒を起こす成分が含まれています

下痢・嘔吐・突然死を起こすことがあります

基本的にチョコレートに含まれるカカオ成分が多いほどテオブロミン含有量も多くなる

ブドウ・レーズン

成分は特定されていませんが、有毒性が認められています

嘔吐、下痢、腹痛、数日後に腎不全

腎不全から死亡するケースも報告されています

主に犬での報告で、猫では不明です

キシリ卜ール

人吸収されない

犬.吸収される 低血糖、インスリン、ブドウ糖、キシリトール

アボ力ド

ペルシン(果実だけではなく、樹皮や菜、種子にも含まれる)

通期、人では影響はないが、他の多くの動物では中毒性を示す

毒性を示す仕組みなどは十分に分かっておらず、致死量も不明

手作りフード、栄養面で問題あり

手作りフード、栄養面で問題あり

本やインターネットで紹介されている200種頴のレシピの栄質成分を分析してAAFCOの成犬用基準と比較した研究報告があります。

その中では、

犬に必要な栄養を満たしていたものはなんと9つだけでした。

そのうち8つは獣医師の作成したレシピでした。

95%ものレシピは必要な栄費繋が1つ不足、83%のレシピは2つ以上不足していました。

理由としては、指示があいまい(分置が作り手任せ、カロリー情報がない、サイズの記載などがない)

米国獣医師会誌2014.06 米国栄養学専門医研究チームによる発表

一般の飼い主が栄養バランスに優れ、長期的に与えても安全なフードを作ることは、極めて難しいです。

本やネットで得たレシピに頼るのは避けるのが賢明と結論づけられました。

 

最後に

 
正しい知識以外に病院の選び方も非常に重要です!

ネットで検索すると、いろんな情報が出てきて混乱して、
逆に不安になったことってありませんか?

ネット記事を読むときは、内容を鵜呑みにするのではなく、
情報のソースや科学的根拠はあるか?記事を書いている人は信用できるか?など、
その情報が正しいかどうか、信用するに値するかどうか判断することが大切です。

とっても大事なこと

愛猫や愛犬のわずかな変化に気付き、守ることができるのは飼い主様だけです!

病気になった時も、獣医師がしっかり説明をして、飼い主様が正しい知識を理解をして、ペットを含め、3者がともに協力しないといい結果は得られません。

本ブログでは、1匹でも正しい予防や治療を受けてペットと楽しい時間をできるだけ長くできるように、報告に基づいてわかりやすく解説しています。

獣医師そらあんブログのTOPに戻る

そらあんTwitterではペットに関する豆知識を発信中!
気になる方はそらあん(@Lifewithdogcat)をフォローしてね♪

 

こんなことについて知りたい!これについてまとめて欲しい!
というのがあれば下記からお願いします!

お問い合わせフォーム

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、現役獣医師が、科学的根拠に基づいた犬と猫の病気に対する正しい知識を発信していきます。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー

sponser

この文章を書いた獣医師に質問!

現役獣医に直接相談!犬・猫の病気・治療相談のります 日本獣医麻酔外科学会で受賞した獣医による相談受付:画像に証拠

PAGE TOP