獣医師解説!猫の疥癬〜症状、原因、治療法〜

動物病院で、自分の猫が疥癬症と診断された...

愛猫が猫の疥癬症と診断されたけど、

  • 病院ではよくわからなかった...
  • 病院では質問しづらかった...
  • 混乱してうまく理解できなかった...
  • もっと詳しく知りたい!

という事でこの記事に辿りついたのではないでしょうか?

ネット上にも様々な情報が溢れていますが、そのほとんどが科学的根拠やエビデンス、論文の裏付けが乏しかったり、情報が古かったりします。

中には無駄に不安を煽るような内容も多く含まれます。

ネット記事の内容を鵜呑みにするのではなく、

情報のソースや科学的根拠はあるか?記事を書いている人は信用できるか?など、

その情報が正しいかどうか、信用するに値するかどうか判断することが大切です。

例えば...

  • 人に移るの?
  • 治る病気なの?
  • 危ない状態なのか?
  • 治療してしっかり治る?

これを読んでいるあなたもこんな悩みを持っているのでは?

結論から言うと、猫の疥癬症は、犬の疥癬の原因となるセンコウヒゼンタ二の半分強程度の大きさのネコショウセンコウヒゼンダ二が皮膚に潜り込んで起こす皮膚炎で、犬の疥癬と同様に非常に強い痒みを引き起こします。

猫は患部皮膚を強く掻いて自傷し、また二次感染から膿皮症となります。

人に一過性に感染して皮膚炎を起こすこともあります。

この記事を読めば、猫の疥癬症の症状、原因、治療法までがわかります。

限りなく網羅的にまとめましたので、猫の疥癬症と診断された飼い主、猫を飼い始めた飼い主は是非ご覧ください。

✔︎本記事の信憑性

この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、
論文発表や学会での表彰経験もあります。

今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭と生活をしています。

臨床獣医師、研究者、犬の飼い主という3つの観点から科学的根拠に基づく正しい情報を発信中!

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】

✔︎本記事の内容

猫の疥癬症〜症状、原因、治療法〜

猫の疥癬症の病原体

犬の疥癬症:ヒゼンダニの病原体

猫に疥癬を引き起こすのは、無気門類ヒゼンダニ科ネコショウセンコウヒゼンダニ:Notoedres catiです。

センコウヒゼンダニよりも宿主特異性は低く、犬やウサギに感染することが知られています。

毛や脚を除いたダニの体長は、雌成ダニで0.2mmほどで、全体的な形態はセンコウヒゼンダニとよく似ています。

しかしセンコウヒゼンダニでは肛門が体後縁部に開口するのに対し、ネコショウセンコウヒゼンダニでは背側面に開口し、さらにそれを同心円状に紋理が取り囲むのが特徴です。

猫の疥癬症の疫学

犬の疥癬症:ヒゼンダニの疫学

日本を含む世界中に分布します。

猫の疥癬症の宿主

猫の疥癬症の宿主
ネコショウセンコウヒゼンダニは、主に猫に寄生します。

まれに犬やウサギに寄生することがあります。

また、まれではあるがセンコウヒゼンダニが猫に寄生することがあります。

猫の疥癬症の感染経路

猫の疥癬症の感染経路
雌成ダニは、皮膚表面から角質層を穿孔し、トンネルを形成しつつ角質層部・真皮層直上に達すると、以降は角質層内を水平に掘り進んで行きます。

これを疥癬トンネルと呼びます。

ダニはトンネル先端に存在してトンネルを伸長しつつ産卵しまた、褐色顆粒状の糞便を排他します。

トンネル入り口に近い古い卵から順次、幼ダニが孵化し、トンネルから皮膚表面に脱出します。

猫では角質層が薄いため、疥癬トンネルは明瞭ではありません。

幼ダニおよび脱皮した第一若ダニおよび第三若ダニは、皮膚表面を徘徊しつつ毛包漏斗部に侵入するほか、各々が角質層に穿孔する能力をもちます(第二若ダニのステージは存在しない)。

雄成ダニは雌成ダニを求めて移動し、皮膚表面で交尾が行われます。

後に、雌成ダニは角質層に穿孔し、そこで産卵します。

卵が発育・孵化してダニが成長し次世代の卵を産むまでの期間は、条件にもよるがおよそ3週間程度とされています。

主な感染経路は直接接触による伝播と考えられています。

ダニは乾燥に弱く、一般的には宿主を離れると速やかに死滅しますが、条件によっては3週間近く生存します。

そのため、直接接触がなくても感染が成立する可能性があり、例えば日陰の湿った土の上のダニを合む落屑などは、数時間~数日間感染力を保持するかもしれません。

猫の疥癬症の感染の特徴

猫の疥癬症の感染の特徴
ネコショウセンコウヒゼンダニは、センコウヒゼンダニと同様に人に動物疥癬を引き起こします。

猫の疥癬症の臨床症状

猫の疥癬症の臨床症状
猫では、耳介周辺のほか、グルーミングに関連して頭部および前肢端に病変が形成されやすいです。

二次感染を起こして膿皮症になることが多いです。

猫の疥癬症の診断

猫の疥癬症の診断

浅部皮膚搔爬検査

病変部位の搔爬試験が標準的な検査法です。

ダニは角質層内に留まるので、角質層全層をメス刃や鋭匙で掻き取って鏡検します。

ミネラルオイルを使用する場合は、予め皮膚に少量のオイルを滴下してから搔爬することで回収率が向上します。

通常疥癬の場合にはダニの検出は困難で、検出率は 50%未満ともいわれており、病変部位は可能な限り多くの箇所を検査します。

ダニ虫体以外にも、ダニの脱皮殻、卵、孵化した後の卵殻、あるいはダニの糞などのダニ関連構造物の検出も診断的意義が高いです。

落屑が多い場合には、標本の透過性を改善するために搔爬物を20%KOH(水酸化カリウム)やDMSO(ジメチルスルホキシド)加KOHと混和して鏡検する場合があるが、この場合ダニの糞は溶解しやすいため、疥癬を強く疑う場合はこうした透過剤を使用しない方がいいです。

患部に透明粘着テープを貼付した後に剥がし、スライドガラスに貼付して鏡検してもダニを検出できることがあります。

また、耳介部を擦ることで後肢が無意識に動く反射行動(耳介ー後肢反射)は、疥癬において比較的特異性が高いです。

診断的治療

鏡検によりダニないしダニ関連構造物が検出できなかった場合でも、通常疥癬は完全に除外診断できず、臨床像として疥癬が疑われる場合には、診断的治療を行います。

つまり、後述の薬剤治療を実施して、症状の改善をみた場合には、改善であったと判断します。

通常はアベルメクチン系薬剤により治療します。

しかし、現在はその耐性ダニが認められているため、投与薬剤への反応が思わしくなく、かつ疥癬の疑いが依然存在する場合には、

第二の診断的治療として作用機序の異なる薬剤(例えばフィプロニルやイソオキサゾリン系薬剤)を使用した上で疥癬を除外診断すると確実です。

その他

海外では血清学的検査法が実用化されていますが、日本国内では現在のところ利用できません。

猫の疥癬症の治療

猫の疥癬症の治療
犬と同様にアベルメクチン系の薬剤が有効ですが、適応外処方となります。

イベルメクチンは200~300μg/kgで2週に1回皮下投与、または週に1回ないし2回、経口投与します。

猫においてもイベルメクチン中毒が起こり得るので投薬時には注意を要します。

ノミ予防薬として販売されているスポット剤形のイミダクロプリド・モキシデクチン合剤は、海外では猫の疥癬治療で認可を受けており、常法に従って1回投与します。

レボリューション

  

背中に垂らすだけノミダニ駆除&フィラリア症予防。

マダニに対応していないため、室内ペット向け

対象:フィラリア・ノミ・ミミヒゼンダニ

成分 :セラメクチン

価格帯

形状 スポットオン

数量 3本

メーカー:Zoetis

ミルプラゾン

飲み薬タイプの猫の犬糸状虫(フィラリア)症予防、消化管内寄生虫駆除剤です。

フィラリア予防から線虫(猫回虫、猫鉤虫)駆除、条虫(瓜実条虫、多包条虫(エキノコックス))駆除までトータルにカバーすることができます。

ノミ、マダニに対応していないため、室内ペット向け。

スポットが苦手やさわれない猫ちゃんに。

症状:犬糸状虫(フィラリア)症予防、消化管内寄生虫

成分:ミルベマイシンオキシムとプラジクアンテル

価格帯

形状  錠剤

数量  2個

メーカー クルカ(Krka)

ストロングホールド(EU版レボリューション)

   

レボリューションと全く同じ成分、メーカーなのに安い。

マダニに対応していないので、自然が大好きなペットは注意が必要

形状:スポットオン

数量:6本

メーカー:Zoetis

対象:フィラリア・ノミ・ミミヒゼンダニ

成分:セラメクチン

価格:¥6,890( 小型犬用1箱 )

ストロングホールドプラス

   
レボリューション猫用のパワーアップ版。

マダニ、回虫にも対応。副作用も少ない

オールインワン商品のため価格が高い

形状:スポットオン

数量:3本

メーカー:Zoetis

対象:フィラリア・ノミ・ミミヒゼンダニ・マダニ・回虫

成分:セラメクチン・サロラネル

価格帯

ブロードライン

     
フィラリア予防、ノミマダニ駆除、寄生虫駆除が1本でできるオールインワン

猫用オールインワン薬のため価格が少し高い

形状:スポットオン

数量:3本

メーカー:Merial

対象:フィラリア・ノミ・マダニ・猫回虫・猫鉤虫・瓜実条虫・猫条虫・多包条虫の駆除

成分:フィプロニル、(S)-メトプレン、エプリノメクチン、プラジクアンテル

価格帯

アドボケート

  

フィラリア・ノミ等多数の寄生虫対策を同時に!

オールインワン薬のため価格が少し高い。

マダニに対応してないので室内のペット向き

形状:スポットオン

数量:3本

メーカー:Bayer

症状:フィラリア・ノミ・ミミヒゼンダニ・ニキビダニ・ヒゼンダニ・回虫・鉤虫・鞭虫・胃腸虫・肺虫

成分:イミダクロプリド、モキシデクチン

価格帯

ブラベクトプラス

   

フィラリア予防、ノミマダニ駆除、寄生虫駆除が1本でできるオールインワン

1回投与で3ヶ月効果が持続

オールインワン薬のため価格が少し高い。

形状:スポットオン

数量:1本

メーカー:エムエスディー(MSD)

対象:ノミ・マダニ及び猫回虫・猫鉤虫の駆除ならびに犬糸状虫症の予防

成分:フルララネルとモキシデクチン

価格帯

セラメクチンの猫用スポット剤も常法に従った1回投与で有効性が示されています。

いずれの治療も1週間隔の検査を実施し、2回連続でダニが検出されなければ治療を終了とするのが確実です。

猫の疥癬症の予防

疥癬が疑われる動物との接触を断つとともに、そうした動物が接触したり、落屑が存在する可能性がある場所に動物を近づけない。

同居犬がいる場合には発症が認められなくても同時に治療を行います。

罹患犬の行動圏は徹底的に清掃するとともに、十分乾燥させます。

角化型疥癬の場合には、その動物の敷布などはビニール袋に二重に密閉して廃棄するのが望ましいです。

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、いつも犬と猫に癒されています。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。
現役獣医師が海外で勉強しながら得た、犬と猫の病気に対する知識とスキルを発信していきます。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー
PAGE TOP