獣医師解説!猫のミミヒゼンダ二感染症〜症状、原因、治療法〜

猫の画像

動物病院で、自分の猫がミミヒゼンダ二と診断された...

愛猫が猫のミミヒゼンダ二と診断されたけど、

  • 病院ではよくわからなかった...
  • 病院では質問しづらかった...
  • 混乱してうまく理解できなかった...
  • もっと詳しく知りたい!

という事でこの記事に辿りついたのではないでしょうか?

ネット上にも様々な情報が溢れていますが、そのほとんどが科学的根拠やエビデンス、論文の裏付けが乏しかったり、情報が古かったりします。

中には無駄に不安を煽るような内容も多く含まれます。

ネット記事の内容を鵜呑みにするのではなく、

情報のソースや科学的根拠はあるか?記事を書いている人は信用できるか?など、

その情報が正しいかどうか、信用するに値するかどうか判断することが大切です。

例えば...

  • 人に移るの?
  • 治る病気なの?
  • 危ない状態なのか?
  • 治療してしっかり治る?

これを読んでいるあなたもこんな悩みを持っているのでは?

結論から言うと、0.4mmほどのダニが皮膚に付着し、非常に強い痒みを伴う皮膚炎を引き起こします。

患部を強く掻くことで皮膚が損傷して二次感染を起こしたり、痒みのストレスから食欲減退や元気消失に至ります。

症状が強いもののダニの検出率が低いため、しばしば誤診による誤った治療で症状の悪化を招くことがあります。

ミミヒゼンダ二は無症状のまま猫の耳道奥深くに生息していることがあり、細菌や真菌の感染による外耳炎を悪化させる可能性があります。

外出する習慣のある猫は感染リスクが高いので、耳の異常に注意します。

この記事を読めば、猫のミミヒゼンダ二の症状、原因、治療法までがわかります。

限りなく網羅的にまとめましたので、猫のミミヒゼンダ二と診断された飼い主、猫を飼い始めた飼い主は是非ご覧ください。

✔︎本記事の信憑性

この記事を書いている私は、大学病院、専門病院、一般病院での勤務経験があり、
論文発表や学会での表彰経験もあります。

今は海外で獣医の勉強をしながら、ボーダーコリー2頭と生活をしています。

臨床獣医師、研究者、犬の飼い主という3つの観点から科学的根拠に基づく正しい情報を発信中!

記事の信頼性担保につながりますので、じっくりご覧いただけますと幸いですm(_ _)m

» 参考:管理人の獣医師のプロフィール【出身大学〜現在、受賞歴など】

✔︎本記事の内容

猫のミミヒゼンダ二感染症〜症状、原因、治療法〜

猫のミミヒゼンダ二感染症の病原体

耳ダニ感染症:ミミヒゼンダニの病原体

ミミヒゼンダニOtodectes cynotisは、無気門類(現在はササラダニ亜目コナダニ団とも呼ばれる)ヒゼンダニ科に属し、形態学的にはセンコウヒゼンダニに似るが、脚は太く長く、また肢端には短い爪間体とその先に吸盤をもちます。

雄成ダニのみすべての脚先端に吸盤をもちますが、それ以外のステージでは前2対の脚にだけ吸盤をもち、そのほかの脚には2本ずつの長い剛毛をもちます。

雌成ダニの第四脚は発達が悪く痕跡的であり、成虫にもかかわらず脚が3対しかないようにみえることがあります。

雄成ダニ体後部腹側面には明瞭な1対の吸盤があります。

卵は粘液とともに産み出されるため、外耳道内面や耳垢に固定された状態となります。

軽度感染の場合は鼓膜近くの耳道に生息するとされるが、感染が重篤化するにつれ耳道入り口付近まで生息域を拡大しさらには宿主動物の頭部、背部、あるいは尾部体表を徘徊する個体も認められます。

温度がおよそ13℃、相対湿度がおよそ70%の環境では宿主から離れでも10日間以上生存します。

猫のミミヒゼンダ二感染症の感染経路と疫学

猫のミミヒゼンダ二感染症の感染経路と疫学

食肉類の動物全般が宿主となり、猫のほか、犬、フェレット、あるいは野生食肉類が感染源となります。

頭部の接触に留まらず、体表同士が接触することでも感染し得るほか、ミミヒゼンダニは宿主から離れても数日単位で環境中で生存可能なため、動物体から脱落した耳垢片、ダニの付着した被毛などが感染源となります。

そのため、食肉類の動物同士の接触や行動圏の重複により、相互感染が起こり得ます。

外出する習慣のある猫は感染リスクが高いです。

日本における疫学調査では、679頭のうち9.4%で耳道内にダニ寄生が確認されており、屋内飼育猫にくらべ,屋外飼育猫の感染率は2倍でした。

猫のミミヒゼンダ二感染症の臨床症状

猫のミミヒゼンダ二感染症の臨床症状

ダニは組織内に侵入せず皮膚の刺咬も行わないため、軽度感染では症状を示さないか、ときおり耳を痒がる程度に留まります。

症状がみられる場合、おそらくはダニの唾液や排泄物により宿主が感作され、外耳道に炎症が起こっていると考えられています。

感染の重篤化により痒みは強くなり、耳道内に茶褐色の耳垢が形成されます。

外耳炎の進行で耳道粘膜の肥厚から耳道閉塞に至ることもあります。

また、細菌類や真菌類の二次感染により症状は悪化します。

猫のミミヒゼンダ二感染症の診断

猫のミミヒゼンダ二感染症の診断

耳道により耳道内で動くダニを検索します。

耳鏡検査の結果にかかわらず、耳垢の顕微鏡検査によりダニおよび卵の検出を試みます。

耳周辺の皮膚に病変がある場合、浅部皮膚搔爬検査によってダニを検出できます。

猫のミミヒゼンダ二感染症の治療

猫のミミヒゼンダ二感染症の治療

感染動物は隔離します。

多頭飼育の場合は、無症状の感染同居動物(食肉類の動物全般)が感染源になることもあるので、治療は全頭同時に行うべきです。

ダニの殺滅と同時に抗菌薬投与により二次感染をコントロールします。

耳道内に耳垢が存在する場合は、薬剤投与の前に十分な耳道洗浄を行います。

国内でミミヒゼンダニ感染に対して認可を受けている薬剤にはセラメクチンのスポット剤およびモキシデクチンのスポット剤があり、1回ないし2回の投与で治癒が期待できます。

国内では認可されていないが、フィプロニルのスポット剤の 1回投与も有効とされています。

また副反応に注意する必要があるが、大動物用アベルメクチン注射剤(イベルメクチン、ドラメクチンあるいはモキシデクチン)の耳道内直接少量滴下も有効です。

レボリューション

  

背中に垂らすだけノミダニ駆除&フィラリア症予防。

マダニに対応していないため、室内ペット向け

対象:フィラリア・ノミ・ミミヒゼンダニ

成分 :セラメクチン

価格帯

形状 スポットオン

数量 3本

メーカー:Zoetis

ミルプラゾン

飲み薬タイプの猫の犬糸状虫(フィラリア)症予防、消化管内寄生虫駆除剤です。

フィラリア予防から線虫(猫回虫、猫鉤虫)駆除、条虫(瓜実条虫、多包条虫(エキノコックス))駆除までトータルにカバーすることができます。

ノミ、マダニに対応していないため、室内ペット向け。

スポットが苦手やさわれない猫ちゃんに。

症状:犬糸状虫(フィラリア)症予防、消化管内寄生虫

成分:ミルベマイシンオキシムとプラジクアンテル

価格帯

形状  錠剤

数量  2個

メーカー クルカ(Krka)

ストロングホールド(EU版レボリューション)

   

レボリューションと全く同じ成分、メーカーなのに安い。

マダニに対応していないので、自然が大好きなペットは注意が必要

形状:スポットオン

数量:6本

メーカー:Zoetis

対象:フィラリア・ノミ・ミミヒゼンダニ

成分:セラメクチン

価格:¥6,890( 小型犬用1箱 )

ストロングホールドプラス

   
レボリューション猫用のパワーアップ版。

マダニ、回虫にも対応。副作用も少ない

オールインワン商品のため価格が高い

形状:スポットオン

数量:3本

メーカー:Zoetis

対象:フィラリア・ノミ・ミミヒゼンダニ・マダニ・回虫

成分:セラメクチン・サロラネル

価格帯

ブロードライン

     
フィラリア予防、ノミマダニ駆除、寄生虫駆除が1本でできるオールインワン

猫用オールインワン薬のため価格が少し高い

形状:スポットオン

数量:3本

メーカー:Merial

対象:フィラリア・ノミ・マダニ・猫回虫・猫鉤虫・瓜実条虫・猫条虫・多包条虫の駆除

成分:フィプロニル、(S)-メトプレン、エプリノメクチン、プラジクアンテル

価格帯

アドボケート

  

フィラリア・ノミ等多数の寄生虫対策を同時に!

オールインワン薬のため価格が少し高い。

マダニに対応してないので室内のペット向き

形状:スポットオン

数量:3本

メーカー:Bayer

症状:フィラリア・ノミ・ミミヒゼンダニ・ニキビダニ・ヒゼンダニ・回虫・鉤虫・鞭虫・胃腸虫・肺虫

成分:イミダクロプリド、モキシデクチン

価格帯

ブラベクトプラス

   

フィラリア予防、ノミマダニ駆除、寄生虫駆除が1本でできるオールインワン

1回投与で3ヶ月効果が持続

オールインワン薬のため価格が少し高い。

形状:スポットオン

数量:1本

メーカー:エムエスディー(MSD)

対象:ノミ・マダニ及び猫回虫・猫鉤虫の駆除ならびに犬糸状虫症の予防

成分:フルララネルとモキシデクチン

価格帯

セラメクチンの猫用スポット剤も常法に従った1回投与で有効性が示されています。

いずれの治療も1週間隔の検査を実施し、2回連続でダニが検出されなければ治療を終了とするのが確実です。

猫のミミヒゼンダ二感染症の予防

感染リスクのある動物には予防的投薬を行うことです。

「フェレットの耳ダニ感染症」

「フェレットの耳ダニ感染症」

フェレッ卜はペットショップや繁殖施設でミミヒゼンダ二に感染してしまっていることが多いです。

重篤化すると多量の耳垢形成や強い痒みのみならず、中耳や内耳にまで炎症が及んで斜頚や神経症状を起こすこともあります。

しかし一方で無症状、あるいは耳垢が若干目立つ以外の症状を示さないことも珍しくなく、健康診断では感染を見逃し、後に顕性感染となることも少なくないです。

治療にはセラメクチンが多く使用されますが、海外ではモキシデクチン・イミダク口プリド合剤のスポット剤が小型猫およびフェレッ卜用として販売されており、ミミヒゼンダ二駆除効果も謡われています。

関連記事一覧

Life with dogs & cats のロゴ

vet1013


no life no dogs & catsをモットーに、いつも犬と猫に癒されています。国立大学獣医学科卒業→東京大学附属動物医療センター外科研修医→都内の神経、整形外科専門病院→予防医療専門の一次病院→地域の中核1.5次病院で外科主任→海外で勤務。
現役獣医師が海外で勉強しながら得た、犬と猫の病気に対する知識とスキルを発信していきます。

このブログについて お問い合せ プライバシーポリシー
PAGE TOP